飯山線撮影紀(8)

 こんばんは
汽車より先行した小生は、待機し汽車のバトンを受けることにします。
先客の後ろに立ちズームレンズを多様して構図作りです。
  (2016.11.20  平滝―信濃白鳥)

変換 ~ 2016_11_20_1258

変換 ~ 2016_11_20_1268

変換 ~ 2016_11_20_1280

30~50人の人出の中、汽車の通過に間に合わない撮影者の置き三脚が見送りしてました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Oさま 車利用の追っかけ撮影での置き三脚 (ダミ-三脚)に
通過の前には来ますのでとメモを貼り付けたものをC62の時に随分見ましたよ。 相変わらずなんですね。秩父でバイク利用で追いかけて同じような画を撮り過ぎて飽きたことがありましたっけ・・・

No title

コッペルさん 只見線の時は6時間前に撮影地を見に行くと既に置き三脚がありました。今回もいつから置かれたのか橋の上の撮影禁止の場所に置き三脚がありました。
朝早く遠から列車に乗り撮影にくる方を思うと矛盾を考えます。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR