只見線紀行(23)

 こんばんは
今日は、雨降りの信越線に出かけてきました。
モクモクする煙が遠くから確認できて迫力満点、目の前を通過する時はさすがにしびれました。
架線と架線中が無ければ有り難いけど仕方がないですね。
さて、只見線の往路は、少し道の事情通になったので会津坂本から撮影を始めます。
  (2015.10.31 会津坂本ー会津柳津)

変換 ~ IMG_6959

変換 ~ IMG_1525

 只見線は現役蒸機の頃と変わらない風景なのです。

変換 ~ IMG_1552

 第二橋梁の撮影地は空席がかなりあります。 (会津西方ー会津宮下)

変換 ~ IMG_6999

 絵になるめがね橋の隣は国道です。 (早戸ー会津水沼)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Oさま 始まりましたね。 当方会津にはここ数年ご無沙汰ですが、里の秋が感じられるような画がいいなぁと思いますよ。
なかなかイベント列車では難しいかなぁ。

No title

おっ、これがあのシーン砂かぶり席からの画ですね。
この時点では二日間で只見4本、磐西4本の合計8本撮影の1本目完了~って
のんきに思えたのですが、数分後には・・・でしたからねぇ~(トホホ)

No title

コッペルさん 只見線の撮り鉄は全国区ですね。
一人で撮影したブドウ畑の写真が里の秋らしい感じでした。



No title

ひぐまさん 只見線は二日間で9本、撮りました。
今回のお気に入りの写真はブドウ畑の作品かな?
次回は会津若松で飲み会しましょう。

No title

眼鏡橋のかぶりつきもいいけど2橋の後ろの紅葉もいいですねっ

来年は2橋の後ろの紅葉を高い場所から撮ってみたいと思ったのでありました〜

また来年も会津若松でみんな元気で顔合わせできたらいいですね。

No title

ねこさん 只見、会津線は現役蒸機の頃、日数にする十日間位出かけてました。
所々の撮影地が懐かしくてウルウルします。
来年はホテル近辺の居酒屋で反省会しますかね。

プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR