飯豊山とばんえつ撮影紀(83)

 こんばんは
昨日の雷雨は凄くてひょうも降りました。
夕方は虹と稲光が天空を舞い神秘的な光景が見られて感動です。
さて、東北の山は日本アルプスとは違い寝具と食料を持参しなければなりません
基本的には非難小屋なので夏山の頃に管理人が居るだけなのです。
山好きな人達の集まりで話は面白く高級なホテルに泊まるより楽しいのです。
1泊2000円の本山小屋は三連休と重なって賑やかでした。

変換 ~ IMG_3144

変換 ~ IMG_3132

変換 ~ IMG_3134

 飯豊山神社は小屋の隣にあります。

変換 ~ IMG_3285

 小屋周辺はヒメサユリ、チシマギキョウ、ニッコウキスゲが咲いています。

変換 ~ IMG_3150

変換 ~ IMG_3247

変換 ~ IMG_3204

 ばんえつ物語は五十島で撮影 (2015.7.18)

変換 ~ IMG_4778
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Oさま 昨日の稲光は秩父の方かなと思ってましたが、Oさんの地元は雷雨だったんですね。 こちらは振りそうで振らなく蒸し暑い不快な夜でした。 そういえば 日曜にS伯さんが寄ってくれました。さいたま新都心で催行されたコンサ-トの帰りとの事
汽車の無くなったS50の8/2.3はつま恋で野外コンサ-トがあったんですよね。鉄道研OBでは上尾のT橋T明さんが参加しています。
4年生の時に篠島は参加しましたが、相変わらずその頃の音楽が好きなのは、汽車との相関関係が有るのかもしれませんね。

No title

コッペルさん 現役蒸機の頃は、拓郎、陽水、かぐや姫、小椋佳、(大いなる旅路)など聞きました。 SLが去る時は (さらば青春)かな... 良き時代でしたね。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR