ある風景(その2)

 こんばんは
現役蒸機の頃、いちばん撮影に出かけた場所は室蘭本線の母恋、室蘭でした。
鉄の街に惹かれ測量山や小高い丘に登り製鉄所の煙と汽車を眺めていました。
安中精錬所は、そんな若い頃の記憶を思い出します。 (2015.2.21)

変換 ~ IMG_1088
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 Oさま キネ旬の測量山からの俯瞰には驚かされました。 S50夏に現地に訪問しましたが、道路から当り前のように撮影して終わりでした。
寧ろ罐が無くなってからのS52/2御崎の丘のほうが記撮もありで印象に残っています。

No title

 コッペルさん 御崎の丘は確かAさんと3回登り
製鉄所を背景にして当時、流行のクエクエポーズで記念写真をしましたよね。
あの釜はどうなったのかな?
明日からトワイライトを見に行ってきます。

No title

感服いたしました〜

次から次と製錬所バックが出てくるとは流石であります。

T山〜A山〜S山と続く尾根筋、立ち位置によって微妙に違っていく角度が楽しいんですけど、逆光が厳しいですねぇ。

久しぶりに蒸機が先頭に立ってこの路を登る5月末をどこで撮ろうかと今から楽しみにしているねこでした。

No title

ご無沙汰です。
撮っていそうで撮り残していた東邦亜鉛ですね!
まさしく室蘭工業地帯が想い起こされます。
室蘭ヤードは9600の入替が結構ありましたが、蒸機のスジは少なかったので誰も撮らなかったのでしょう。
間もなく発売の次回国鉄時代「遙かなる煙の記憶」は、その母恋です。

No title

 あらさん 室蘭の街は変貌したでしょうね? 
あの頃は、まだ蒸機の撮り鉄はいなかったような?
北陸に行きトワイライトを見てきました。
その後は、高山本線と念願の飯田線に乗ってきましたよ。

No title

 ねこさん 精錬所は独特な風景ですよね。 再度、狙います。
18切符で北陸に行ってきたけど駅も沿線も鉄道ファンと別れを惜しむ人達で賑やかでした。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR