只見線紀行(10)

 今晩は、早起きしてアイソン彗星を探しけど分かりませでした。 
肉眼で見つけるの難しいようですね。でも、水星が美しく輝いていました。
さて、只見線紀行も懐かしの写真で終了します。
   (1973.1.2 只見駅)

変換 ~ 只見駅

 当時は、学割1800円のミニ周遊券キップを使い
郡山駅の駅寝で、会津、只見線を撮影します。
7日間の汽車紀行の最終日は、六十里越えで帰りました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Oさま いい感じの画像ですね。自分はこういうの撮り逃がしていました。写真展とか写真集を催行する時、の大事な繋ぎとなるんですね。
罐のいる鉄道風景に憧れましたねぇ SLダイヤ情報でのコンテストで2席だったか、銀賞だったかで只見線の駅でのスナップ写真、C11と駅員さん乗客が絡む写真は、演出があったようなワンシ-ンでした。後はOさんの威張った鉄橋が掲載されているRFの京都市電と園児たちのスナップ写真、双方簡単そうに見えるけど、中々撮れないんだなぁ これが・・・会津のミニ周遊券はO宮からだと学割+で1.640円とリ-ズナブルでした。73/1って高校受験の真っ只中でしたが、自転車で前年eveの日に交通事故を起こし、正月は入院していました。お蔭で受験は失敗しましたが・・・

No title

コッペルさん 昨日の撮影後にロケハンをしてみました。
葉が落ちれば絵になる場所をいくつか見つけましたが
森の中に、獣道と撮り鉄の道があって鉄チャンは凄いなと思いました。
所々に猪の罠も増えているようです。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR