只見線紀行(9)

 アイソン彗星を見ようと眠りにつくのですが
毎朝、布団の誘惑に負けている状態です。  明朝こそは...
さて、只見線から磐西線まで30分で行けるので掛持ちをします。
  (2013.11.3 山都ー喜多方)

変換 ~ IMG_5210

 お馴染みの一ノ戸橋梁、汽車は田舎の風景があいます。

変換 ~ IMG_1891

 撮影後、また只見線に移動します。(会津本郷ー西若松) 
復路の阿賀川の橋は、追っかけもなく撮り鉄さんは一人だけ
そして、手を振る子供達と見物する地元の人達に汽笛が答えます。


   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 Oさま C11にも煙分けてあげたい位ですね。 こうなってからのあけぼのは予約は難しそうですね。 18切符のNN鉄で遊びましょうね。
Sir Paul McCartneyとケネディ-・キャロラインとRailingStones 凄い組み合わせですが、同じ空間で一緒に謡う事が出来て音楽活動していて好かったなぁとつくづく思いましたねぇ・・・

No title

 コッペルさん 本日も上越線に行ってきましたが、渋滞なので棚下で
帰って来ました。
白煙の汽車と紅葉が見頃で鉄チャンの季節です。 18キップは雪見酒が良いですね。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR