只見線紀行(6)

 今晩は、中休みと思ったけど明日は4000円会費で
4店舗の「はしご酒イベント」に参加して来ます。
たぶんヘベレケになって帰ってくるのでアップしました。
さて、第一橋梁のお立ち台は初めての体験で道の駅と路上の車は全国区
そして、撮り鉄さんも日本中から訪れていたと思います。

変換 ~ IMG_5099

 道草したので撮影場所が無く上へと登りやっとカメラがセットできました。

変換 ~ IMG_1677

 スーパースターの登場に200~300台のカメラジャター音が谷間に響きます。

変換 ~ IMG_5101

 やはり絶景で、撮影場所の紅葉は鮮やかでした。

変換 ~ IMG_5095
 
 会津西方駅を通過した汽車も眺められます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

凄い人ですね

はじめまして、足跡から辿ってきました。
さすがお立ち台、ものすごい人ですね。
よく分かりませんが皆さん山登りでしょうか?
それとも後に山越えの車道があったりするでしょうか?
西ではとてもそんな名所ができるほどのイベントもありません。(笑)
羨ましい限りです。それにしても実に美しい風景ですね。
立野を思い出しました。(^^)

第6弾にして、やっと罐が登場ですね(笑)
第1橋梁俯瞰、展望名所としてすっかり整備され快適に登られたことでしょうね。
昨年、試運転初日はここにひぐま一人きり、貸切、独占でしたが、本運転ともなると凄い人出なんですね。
往路は吐かない煙、これだけ出ていたらラッキーですね。
一番上まで行ったご様子、ここは一番上がS席ですから、これまたラッキーでしたね。

No title

郷愁紀行さん はじめまして
ここのお立ち台は、近くに道の駅があり
そこから山道が整備されていて簡単に行けます。
汽車が運行される時は混雑するので場所の確保が大変です。

No title

 ひぐまさん さすがに凄い人でした。
朝霧の気動車が撮りたくて翌日も行きましたよ。
人が半数に減りましたけど 結果として同じような写真でした。

ありゃー

1橋の北側、中洲が出来ているんですね。
まぁ、それも自然の産物ということですかねー。

No title

 マイオさん 災害の修復が終わればやがて元に戻ると思います。
この眺めも歳月が流れると記録になるのでしょうね。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR