そよ風

 本を読んでいたら 「旅の極意は、そよ風になること。
そよ風のように人の暮らしに入っていくのが一番いい旅だ」と書いてありました。
今、思うと学生の頃の蒸気機関車の旅がそれに一番近いような気がします。
多分、時間と手間のかかる旅は印象に残るものが多かったんでしょうね。
 さて画は(2013.9.1 八木原ー渋川) 風に揺れる花が汽車とかぶらないで済みました。

変換 ~ IMG_0376

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私の心は夏模様

 Oさま ♪ 『そよ風と私』 という岡田奈々の唄がありますよ。
勝手な振り付けを考えて 阿里山で踊りましたっけ・・・
まさに蒸気機関車の旅でした。 初めて観たシェイギャ-ドロコ 狭軌とは言え凄かったですよ。 唄いだしは♪擦り切れるほど 聴き続けたい・・・でした。 国際舞台でのダンスシ-ンは鉄道撮影の日本人観光客では僕らが嚆矢だろうなぁ A型のみの踊る画はレ-ル・ガイに掲載されましたが、主筆の長谷川章さんは写真展開催中に鬼籍に入られましたよ。合掌

No title

コッペルさん Nさんは奈々ちゃんファンでしたよね?
今の若鉄は、あまちゃんで そして、オジ鉄はキョンキョンですかな 
時代が変わってもオタクな鉄道ファンは愛らしいのです。

プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR