FC2ブログ

より高く より遠く

 NHKラジオで早く梅雨入りして雨が降らないのを中休みと言わず
梅雨のズル休みと言うそうです。 雨が降る日はあてはまる方もいそうですね。
さて画は、現役蒸機で函館本線の仁山からの俯瞰です。
高2の春休みに鉄チャン仲間と北海道を珍道中しながら収獲もしたひとコマです。
     (1973.3.30 )

変換 ~ OSrp1181

 大樹の下に汽車が走っているのでクリックして拡大して見てね。
土日に行った来た磐西線の俯瞰は後で報告します。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

 Oさま いいですねぇ 第一次学生時代この手を見せられて、高さでも感性でも、記念写真でも遅れを取っていると感じた自分は、まずは自己改革 先鋒はポ-ズ記念写真への移行でした。 こまわりステップからはじまって、亀吉ポ-ズを経て、そして君はヘビの練変ポ-ズに至る。そして台北駅写真展では憧れのSさんのシェイの前でのシェ~の写真 静のピ-スサイン記念写真から動のポ-ズ写真へ意識変革 涙ぐましい鍛錬で地獄の底から這い上がり、記念写真では皆のアシストのお陰で金賞降臨の境地へ到達・・・ この大人の階段も 『登れ昇れ誰よりも高く!』 記撮最終解脱者になる事ができました。 今月発売 国鉄時代のAさんの長陽も楽しみですね。驚天動地の俯瞰写真です。流石セイム・バ-スディ 感性が完成されております。

 しかしこの画 樹が威張りすぎていませんか?

ご登場ですね

仁山越えが出てきましたね。
これだけ煙を吐いていれば汽車が目立ちますヨ。
なんかスキーの跡が見えるような・・・。
町営スキー場でしょうか?(スミマセン、行ったことがなくて)

わぉっ!

いい高度と引きですねっ!
ここは、あらさんの画もたんぼさんの画も拝見しました。
たんぼさんも、この樹にこだわっておられましたね。

この日は19日から28日までの渡道を終えて、のんびりとしていたはず。
青函連絡船は往きが羊蹄丸、帰りが津軽丸でした。

No title

見事な俯瞰画ですね
編成がシルエットで浮かび上がり、山深い雰囲気と蒸機列車の凸凹感がたまらなくいいです。
この時代、線路張り付きでしたので、こういうの羨ましいっす。


No title

 コッペルさん こまわり君と練変ポーズを参考にして
俯瞰しながら山の上で記念撮影とソリで遊んでました。 
汽車の時間を間違えて撮り逃がした事もありました。(涙)

No title

 マイオさん 仁山はスキーリフトを利用して行きました。
銀山駅からの稲穂嶺は3回登ってC623号をゲットしましたよ
でも、俯瞰すぎて汽車の違いが分かりませんでした。 (笑)

No title

 くろくまさん 小生はヤシカの2眼レフなので80ミリ撮影です。
今度ひぐまさん案内してもらって仁山に同行しますかね

No title

 ぎんちゃん ありがとうございます。
でも、今は車を利用するので俯瞰撮影の感動が少し弱くなりました。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR