追憶のSL (会津線)

 今晩は、せっかく桜が咲いてきたのに今日は花冷えの日でした。
昨日のSLスノーパークは水上に行っても雪が無いようで大正橋で写してから温泉に入っていました。
渋川スカイテルメ温泉からは八木原のお立ち台が見えるので
機会があれば、湯に浸りながら汽車を見たいなと思っています。

変換 ~ OSRP10312

画は、1972年12月末の会津線(湯野上ー弥五島)当時の民家は何処に行っても大内宿のようでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いいですね

この辺りはくろくまには未踏の地。
何もない雪景色のなかの俯瞰構図って、ドキドキするほど素敵です。
現役画もどんどんアップしてくださいな。

D51が戻ってきたら上信越も煙たくなってきます。
大正橋シリーズ、そのうち写真展でもいかがですか?

No title

Oさま お湯に浸かりながら汽車.を見るのいいですね。
Aさんの話していた露天風呂で皆でジャンプしての記撮の話、シャッタ-が切れるタイミングが難しいとの事 たかが記念写真にもいろいろ拘る方がいるようで面白いですね。 国鉄時代にC62キックの記撮載らないかなぁ・・・

No title

 くろくまさん 現役画はボチボチと言うことで...
鉄チャンは秩父に出掛けたのですかね? 大正橋は二日とも小生だけでしたよ。

No title

 コッペルさん 温泉と汽車で集合しますかね
風呂から汽車お見送って帰り汽車まで温泉で飲み鉄する
現地集合、自由解散の日帰り煙会なんて企画しませんか?
AさんにはC62キック、他のエピソードの記事も書いてもらいたいですね。

No title

すごく綺麗な写真ですね。まるで日本画を見ているような感じです。

> 当時の民家は何処に行っても大内宿のようでした

そうだったんでしょうね。今は茅葺き屋根の維持管理が難しいから、当時と大分様相が変わってしまったことでしょうね。
頑固一徹の会津の人たちも、音を上げたことでしょう。

No title

散歩三昧さん ありがとうございます。
磐越、会津、只見のわき道をドライブすると
まだ好きな風景が残っていて、今年も汽車のC57に逢ってきながら日本風を探してきます。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR