追憶のSL(富良野線)

 こんばんは 三寒四温のようで冬と春が行ったり来たりですね。
タンボさんスキャンで6X6フイルムの現役蒸機が復活出来ました。
小生の技量ではアナログからデジタル変換は中々大変なので たま~にアップします。

変換 ~ OSRP1081

 さて画は、1973.3月、中富良野からの十勝連峰で汽車の後方が富良野岳
そして、一番高い三角山が十勝岳で100名山です。この日は素晴らしい天気でした。
アラさん、タンボさん、ツジさん、マメさん、デアキさん達と鉄チャン旅して写した忘れられない風景です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい眺めですねっ

あの時代にこんな画を……
大畑といい、銀山といい、仁山といい、いい所行かれてますね。羨ましいです。
以前、富良野岳の3Dマップを作ったことがありますが、独特の形状です。
これからもお宝画像を見せてくださいね。

ちなみにネット上ではも少し地カブリを抜いた方が見た目がいいですよっ♪

No title

 くろくまさん たいした宝画像は無いけど 忘れていた写真がいくつかありました。
こちらは、梅の花が最盛期になりましたよ秩父も見頃かも知れませんね?

No title

思わずクリックして拡大画像を確認してしまいました。いいですねえ。こんなシーンが撮れたらゾクゾクしてしまうことでしょうね。尤も、寒さでもゾクゾクしてしまうかもしれませんが。

ブローニーフィルムからスキャンするのって、35ミリフィルムほど豊富には出回っていないんですよね。でもフラットベッドのタイプだと、いくらか選択肢があり、価格もそこそこなんですね。久しぶりに中判カメラを引っ張り出したくなりました。

No title

  散歩三昧さん ヤシカの2眼を使ってました。
手間を描ける分だけ写真を撮ってる感じでした。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR