FC2ブログ

96機関車(後藤寺線)

 こんばんは
現役蒸機の頃はカッコイイC62.C55機関車に魅了されました。
でも、段々と歳を重ねてくると96機関車に親しみと愛着を感じます。
(1974.2.18 後藤寺―船尾)

変換 ~ 追憶の汽車2_0010

地方の支線で活躍した96機関車はフイルムの一部分のコマに記録された方が多いと思います。
もし、あの頃に帰れるなら一番最初に逢いたい機関車なのです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

Oさま きっとそれぞれのカッコいいの基準があるのだと思いますが、自分は幼少の頃から親しんだ9600が牽引する客レに思いが強く入れ込みましたねぇ
川越線から始まり、米坂や唐津線はたまた大夕張鉄道なんかグッと来ましたねぇ
深名線の混合は撮り逃しているのですが、♪あの日に戻りたい ものです。
中元寺橋梁は入門には持って来いの撮影地、撮り逃してもどんどんきましたもんね。逆向き重連で牽引する貨レ 背中合わせ PPなどバラエティ-に富んでましたよ 9600一族で光っていたのは2つ目でしょうか? 小沢の夕刻発車はギンギラギンでした。くろくまさんの黒石平も好かったなぁ 北九州では切り取りデフよりデフなしの方がスッキリしてましたね。油須原の先頭はデフがあった方がよかったかな

No title

コッペルさん 96機関車はデフの有る無しは関係なく、どちらも似合う罐でした。
本州は米坂線の記録写真だけで、現役蒸気は北海道の地北線が最後でした。
数年前に真岡鉄道の96館に行き見て来ましたよ。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR