相馬岳に登る

 本日は雨なので、家でのんびりとして猫と遊んでいます。
今回は 表妙義山の最高峰 相馬岳を紹介します。山は1000メートル位ですけど
危険箇所があり、(槍 穂高岳)の縦走に負けないスリルが体験できます。
夕日の光線で写したいので午後から出掛けました。昔 撮影の帰りに日が暮れて
ひどい目に合ったので、今回はヘッドランプとツエルトを持参しました。(2011.5.21)

変換 ~ IMG_4292相馬岳1
  左の高峰が相馬岳です。(1104メートル)

変換 ~ IMG_4308相馬岳2
  頂上に咲いていた山ツツジ

変換 ~ IMG_4311相馬岳3
  頂上からの金銅山 これからも危険箇所が続くのです。

変換 ~ IMG_4343相馬岳
  お気に入りの場所で夕日の光線が 美しくなるまで待ちます。

変換 ~ IMG_4355相馬岳5
  裏妙義山で 左の三角錐の山が妙義最高峰の谷急山です。(1162メートル)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

南画の世界の様な・・・

 Oさま 以前から妙義は桂林に似ているなぁと想っていました。

桂林には新婚旅行で行ったんですが1984/2で 蒸機もいましたが

終ぞ あの奇峰・奇岩の風景の中を走ってくる罐は撮れませんでした。 背景妙義山でC6120もいいですね。

No title

 コッペルさま、D51は榛名山の二子山から写した事があるので                    C61は子持山から狙いますかね?
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR