FC2ブログ

尾瀬ヶ原を歩く(1)

 こんばんは
鉄チャン写真のネタ不足となり暫らく山の写真を届けます。
本来の小生は、現役(5年)、復活蒸機(約8年)より風景、山岳写真の撮影年数が長く100名山
を登りながら全国各地に出かけてました。
今のシフトは撮り鉄と乗り鉄に変わってきても時々は山の美味し空気を味わってます。
さて、数年ぶりに訪れた昨年10月の尾瀬ヶ原は見事な秋の錦色に感激しました。
まずは、鳩待峠から山の鼻まで紅葉の登山道を下ります。

変換 ~ 2017_10_08_7765

変換 ~ 2017_10_08_7768

 ブナ林

変換 ~ 2017_10_08_7779

 至仏山(2228m)

変換 ~ 2017_10_08_7782

 整備する木道

変換 ~ 2017_10_08_7802

 ダケカンバ

変換 ~ 2017_10_08_7816

変換 ~ 2017_10_08_7829

清流の(川上川)

変換 ~ 2017_10_08_7832

変換 ~ 2017_10_08_7834

山の鼻キャンプ場

変換 ~ 2017_10_08_7836

次回は尾瀬ヶ原、上田代の紅葉風景です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 Oさま ♪夏が来れば思い出す~は学生時代の彼に合う様な言葉でした。尾瀬の爽やかさとは真逆の位置でしたね。そんな話をAさんとしたのを思い出しました。
先日 久しぶりにS伯さんとH田さんのFの時代を鑑賞して、銀座でNさんの個展を観てまいりました。彫刻は罐の写真とは別の次元ですね。

No title

コッペルさん マイカー規制の日数が少ない時代は夜明けの尾瀬ヶ原に合わせて
鳩待峠からヘッドライトを頼りにして歩きました。 
その情熱は薄れても、成長し生きている古木に再び逢うと懐かしくなります。
カメラもF3までは存在感がありましたね。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR