雪路(9)

 こんばんは
偉大な作曲家ドヴォルザークは熱烈な鉄道ファンで機関車の音で故障を見分けたり
作曲に行き詰まると汽車を見に行ったそうです。
交響曲第9番『新世界より』の第3楽章は蒸気機関車を表現した部分もあるそうで
機会があればクラシック音楽鑑賞などしてはいかがでしょうか?
さて、冬の上州は南部と北部地域ではかなり気候が異なり八木原は冷たいからっ風の通り道です。

変換 ~ 2018_01_06_9999_129

八木原から撮影を始めると、その後は期待感で気持ちが高揚します。(2018.1.6 上越線)

変換 ~ 2018_01_06_9999_157

写真は前回の引き画で、後閑付近から雪景色になります。

変換 ~ 2018_01_06_9999_75

変換 ~ 2018_01_06_9999_82

大雪のため運行が変更になり復路は敷島の築堤でシルエット狙いをします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Oさま そういえばAさんと上越線にご一緒した時、1993年頃復路が罐の不具合で来なくて1時間半位岩本の鉄橋で待っていたのですが、諦めて引き上げた事がありましたっけ。なんの情報もなく途方にくれましたっけ。 雪の蒸機は特別ですね。
罐のメンテナンスは打音検査ですから、音は情報量なんですね。

No title

コッペルさん 蒸機の音のリズムは素敵ですよね。
予定してた真岡鉄道に行けなくなり、暫らく煙分補給してません。
2月は客車点検で運行がないから今週末にC1266を見ておきたいです。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR