FC2ブログ

天北峠(名寄本線)

 こんばんは
今は廃線になった名寄本線は春と夏に撮影に行き、
一ノ橋駅から天北峠まで歩き帰りは長い道のりにくたびれてヒッチハイクをしました。
北海道も4月になると雪が締まり俯瞰撮影の山登りは多少楽になります。
こんな時は、スッパツ付きの長靴に重宝します。 
(1973.4.3 一ノ橋―上興部)

変換 ~ 追憶の汽車2_0009

撮影は35ミリカメラのフイルムが3コマで切れてしまい苦い思いをしました。
山から眺めると北海道の雪景色は老兵の96機関車が特に似合います。
スポンサーサイト



会津線の記憶(その3)

 こんばんは
会津線の続きは、山から下りてくる途中に後補機付きの機関車を撮ります。
(1972.12月 湯野上ー弥五島)
再訪したい気持ちはありますが、今はこの山からの俯瞰撮影はおそらく無理かな思います。

変換 ~ 追憶の汽車_0002

大晦日なると鉄友の仲間達は帰宅し1973年の新しい年は郡山駅の待合室で迎えます。
元日は、会津若松機関区を訪ね機関車に囲まれる嬉しい正月でした。

変換 ~ IMG_5377

会津線は会津鉄道になり湯野上温泉駅と弥五島駅間の森の中に、今は塔のへつり駅があります。

変換 ~ IMG_5341

こちらは会津で有名な観光地の大内宿。

会津線の記憶(その2)

 こんばんは
鉄道写真の俯瞰撮影は病み付きなると更に高見を目指したくなります。
ひたすら湯野上の雪山を登り下界の会津線を見つけた時の高揚感は今も忘れません。
(1972.12月 湯野上―弥五島)

変換 ~ 追憶の汽車2_0001

今の会津、只見は茅葺き屋根が見られなくなりました。
でも、原型は当時のままの民家で残り赤や青の屋根は写真的に好みです。

変換 ~ 2017_05_22_5358

只見線のキハ40と大志集落の赤と青の屋根 (2017.5.22)

変換 ~ IMG_7273

同じく集落を走るC11機関車 (2015.11.1)

会津線の記憶

 こんにちは
復活蒸機のネタ不足になり手元のある現役蒸機写真をスキャンしました。
何枚かは、お話した写真と重複している事があるかも知れませんがご了承ください。
さて、当時は(福島、会津磐梯周遊券)がありまして東京からの学割を使うと1800円
の料金で7日間の会津に滞在できました。
高校2年の貧乏学生の小生達は郡山駅をステーションホテルに利用し会津地方の撮り鉄をしてました。
大らかでゆるい時代は、見知らぬ人達と話したり駅の待合室でトランプなどをして会津若松行の一番列車を待っていました。 

変換 ~ 追憶の汽車2_0008

会津に入り三日目に待望の雪が降ります。(1972.12月 湯野上ー弥五島)
俯瞰撮影に興味を持ち始めた頃でして湯野上の山に3回ほど登り汽車を撮りました。

北野を歩く

 こんにちは
鉄旅で行った神戸の翌日は北野の洋館を散策します。(2019.12月)

変換 ~ IMG_3400

変換 ~ IMG_3416

変換 ~ IMG_3421

風見鶏の館

変換 ~ IMG_3402

変換 ~ IMG_3430

萌黄の館は庭木のクスの大木が絵になります。

変換 ~ IMG_3433

変換 ~ IMG_3415

変換 ~ IMG_3411

変換 ~ IMG_3439

変換 ~ IMG_3425

変換 ~ IMG_3438

神戸は日本のジャズ発祥の街でもあり一度は住みたい港町です。

変換 ~ IMG_3447

変換 ~ IMG_3449

変換 ~ IMG_3448

洋館の街はサンタさんの衣装が似合いました。

変換 ~ IMG_3454

変換 ~ IMG_3451

鉄旅の帰りは三ノ宮駅発12:37分から始まり列車を6回乗り継いで23:42分に降りる駅に到着します。
もし、次の出かける時は文庫本を3冊から4冊にして行こうかなと思いました。

鉄旅は西へ

 こんばんは
時刻表を見て旅のプランを組み立てるのが好きでして、
昨年の12月に青春18キップを使い各駅と快速列車に揺られて神戸ルミナリエを見に行って来ました。

変換 ~ IMG_3263

変換 ~ IMG_3262

一人旅の鉄旅は高崎線5:20分発の東京ライン熱海行きの列車から始まります。

変換 ~ IMG_3268

変換 ~ IMG_3267

熱海8:59着ー9:06発、 興津10:11着ー10:25発

変換 ~ IMG_3271

浜松11:53着ー12:02発 

変換 ~ IMG_3276

変換 ~ IMG_3278

変換 ~ IMG_3280

豊橋12:36着ー12:50発 (新快速) こんな席の車両が関東圏も欲しいですね...

変換 ~ IMG_3285

変換 ~ IMG_3283

大垣14:17着ー14:41発  養老鉄道の奥に「青春18きっぷは通れません。」の看板があります。

変換 ~ IMG_3292

米原15:16着ー15:17発 (新快速) 乗り換えは一分、この区間は伊吹山の眺めが良いです。

変換 ~ IMG_3330

写真は神戸の元町駅ですけど、約12時間の乗り鉄をして17:08分に三ノ宮駅に到着します。
その後はホテルにチエックインして神戸の夜景とルミナリエ見物に出かけます。

変換 ~ IMG_3300

ライトアップされた兵庫県公館

変換 ~ IMG_3306

変換 ~ IMG_3319

変換 ~ IMG_3313

ビーナスブリッジと諏訪山公園から眺める神戸の夜景

変換 ~ IMG_3335

変換 ~ IMG_3344

変換 ~ IMG_3339

変換 ~ IMG_3353

変換 ~ IMG_3355

変換 ~ IMG_3380

変換 ~ IMG_3383

神戸ルミナリエは長~い時間の乗れ鉄をしてきただけに感激も一際です。

変換 ~ IMG_3390

変換 ~ IMG_3398

ルミナリエ後は、神戸市役所展望ロビーから夜景を見て三ノ宮駅に戻り海鮮丼の夕食です。
のんびりと時間のかかる鉄旅は、車窓と持参した文庫本を2冊読み興味深い発見もありました。

大きな橋、小さな橋

 こんばんは
復活蒸機はネタ不足になり未発表の在庫写真からセレクトしました。
小生は、昔から橋を渡る機関車のシーンが好きでして良くブログに載せてます。
特に、出かける利根川第一橋梁は飽きること無く期待を込めて今も通い続けています。
(2019.8.10 上越線)

変換 ~ 0G1A6946

小貝川橋梁も背景がスッキリして好きな撮影地ですが、ここは汽車の煙が弱く残念なのです。
(2019.2.17 真岡鉄道)

変換 ~ 2019_02_17_9999_42

お飯列車

 こんにちは
俯瞰撮影をするときは、おにぎりや弁当を持参して登る事があり、
数十年振りに登る山は眺望と昼飯を楽しみながら列車を撮りました。
(2020.3.12 上信電鉄)

変換 ~ IMG_5715

赤津信号所の列車交換風景

変換 ~ IMG_5718

変換 ~ IMG_5722

交換した下り列車は山麓を走り暫くしてから群馬100名山の稲含山が視界に入ります。

変換 ~ IMG_5755

岩山から下りてくると線路は直ぐ近くです。
昔、運用されていた上信電鉄の貨物列車のデキはお昼頃に終着駅の下仁田駅に着きました。
地元で農作業をする人達はデキ機関車の汽笛音や姿を見て昼飯時間の目安にしたらしく
デキはお飯列車と呼ばれていたそうです。

デキ

デキ重連 (1975年 千平ー下仁田)

白鳥の川

 こんばんは
冬は白鳥が飛来してくれる川が上州にあり遠くには上越新幹線が走っています。
可愛い仕草を見ると必然的に撮影対象は白鳥になってしまいます。(2020.1.3)

変換 ~ 0G1A9165

変換 ~ 0G1A9182

変換 ~ 0G1A9183

変換 ~ 0G1A9208

変換 ~ 0G1A9203

変換 ~ 0G1A9201

変換 ~ 0G1A9221

変換 ~ 0G1A9196

見ている限りでは白鳥は新幹線の通過音など気にしない様です。

冬枯れ

 こんばんは
たまには、新境地で写そうと潔く出かけたのですが、
ロケハン中に汽車が走ってきまして慌ただしく雑木林の合間から撮りました。
(2020.2.8 信越線)

変換 ~ 0G1A9743

変換 ~ 0G1A9745

変換 ~ 0G1A9751

つまり、汽車が写っていればなと構図を考えない無頓着な写真です。

変換 ~ 0G1A9785

そんな訳で、復路の汽車はゆとり持って撮りました。

気まぐれ

 こんばんは
自身のマンネリ感の写真に飽きて気まぐれに撮ると意外と良かったりして...
今回は、そんな作品を見つけました。(信越線)

変換 ~ IMG_3539

変換 ~ 0G1A8937


気まぐれで撮った流しは偶然の産物が生まれることもあります。

モクモクスカスカ

 こんばんは
上越線の重連運転が中止になり復活蒸機の写真もそろそろネタ不足になりました。
新型コロナウイルスが終息し平穏な日常に一日でも早く戻る日を願っています。
さて、いつもの汽車は上越線で撮った煙のモクモクとスカスカのありがちな写真です。

変換 ~ 0G1A7742

変換 ~ 0G1A7753

変換 ~ IMG_3706

変換 ~ 0G1A7817



プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR