FC2ブログ

サンドイッチ電車の終活

 こんばんは
上信電鉄の山に登り買ったばかりの中古レンズ性能をテストをしていると
JR東日本から譲渡された107系が元気に活躍していました。(2020.3.12)

変換 ~ IMG_5727

変換 ~ IMG_5729

交換信号所と大桁山

変換 ~ IMG_5734

この俯瞰撮影地からの風景は貨物列車のデキが運行された時代とあまり変わりません。
いつの日か、二つの列車がコラボとなり運転される日を小生は願っています。

変換 ~ IMG_5749

山は岩ツツジも奇麗に咲いていました。
スポンサーサイト



家路

 こんばんは
八高線のロケハンとハイキングを兼ねて神川町の御嶽山の岩山頂上に登りました。
遥かに遠い俯瞰撮影になりますが列車を眺めることが出来ます。
天気が良ければ5月のイベント列車ときに撮影狙いされる方がいらしゃるかなと思います。
さて、淡い夕景色に染まるC61機関車は最後の停車駅を発車して我が家に帰って行きます。
(2019.11.17 信越線)

変換 ~ 0G1A8489

変換 ~ 0G1A8507

変換 ~ IMG_4585

肥後どこさ

 熊本さ・・・
こんばんは、山登り旅の最終日はホテルから歩いて熊本城を見学します。(2019.10月)

変換 ~ IMG_3186

変換 ~ IMG_3191

変換 ~ IMG_3188

変換 ~ IMG_3189

変換 ~ IMG_3192

変換 ~ IMG_3193

変換 ~ IMG_3198

変換 ~ IMG_3203

変換 ~ IMG_3208

変換 ~ IMG_3219

変換 ~ IMG_3220

変換 ~ IMG_3210

熊本城は修復工事の為、見学が出来るのは加藤神社迄でした。

変換 ~ IMG_3231

変換 ~ IMG_3232

鉄道ファンの小生は市電の走る街に興味があり惹かれます。

変換 ~ IMG_3239

変換 ~ IMG_3245

変換 ~ IMG_3242

その後、お昼を食べに天草へ約40年振りに三角線の列車を見ることが出来ました。

変換 ~ IMG_3095

変換 ~ IMG_3100

変換 ~ IMG_3261

変換 ~ IMG_3251

帰りは同じ熊本空港からフライトです。
次に九州を訪ねるときは8620形蒸気機関車の「SL人吉」に乗り温泉でほっこりしたいと思っています。

祖母山に登る

 こんばんは
祖母山登山は霧と曇り空の天気でして写真は説明的になりますからご了承ください。
さて、登山口までの道路は復旧工事中の国道52号と立野駅周辺を車で走ります。
熊本地震の復旧工事現場では懐かしい記憶の風景の崩壊に心が痛み、
一日も早い復旧と復興を心から願いました。

変換 ~ 立野_0003

写真は豊肥本線(1972.3月)立野駅から歩いて撮影したスイッチバックです。
熊本地震よる被害のため(肥後大津ー阿蘇)間は現在も不通です。

変換 ~ 立野_0001

高森線(1972.3月)白川橋梁、今は南阿蘇鉄道となり橋は不通区間のままです。

変換 ~ IMG_3130

祖母山は北谷登山口の手前から林道工事があり2キロ余計に歩きました。

変換 ~ IMG_3131

変換 ~ IMG_3132

登山ルートは風穴コースの左回りをします。

変換 ~ IMG_3135

変換 ~ IMG_3137

変換 ~ IMG_3138

風穴と祖母山のブナ林

変換 ~ IMG_3142

変換 ~ IMG_3157

変換 ~ IMG_3156

変換 ~ IMG_3160

変換 ~ IMG_3161

祖母山頂は霧が流れ残念ながら見える展望は限られました。

変換 ~ IMG_3165

三県境ルートを下山します。

変換 ~ IMG_3168

変換 ~ IMG_3169

臨時ヘリポートのお地蔵さんのメガネが気になりました。

変換 ~ IMG_3171

三県境

変換 ~ IMG_3172

変換 ~ IMG_3174

植林されている森林から北谷登山口まで後わずか、
今回の祖母山は九州本土に登る最後の山になると思い少しセンチメンタルになりました。

晩秋の棚下

 こんばんは
祖母山登山のお話は次の機会にさせていただき、
今回は、昨年の上越線の最終運転日に撮影したSL紅葉写真です。(2019.11.30 )

変換 ~ IMG_4930

磐西線の紅葉撮影に外れ、巻き返しに出かけた棚下は晩秋の色合いを見せてくれました。

久住山に登る(2)

 こんにちは
久住山の山頂に立ったときのご褒美は素晴らしい眺望でした。(2019.10月)

変換 ~ IMG_4123

真中の山が九州本土の最高峰(中岳1791m)

変換 ~ IMG_4134

星生山(1762m)

変換 ~ IMG_4140

ガス噴気の硫黄山

変換 ~ IMG_4138

肥前ガ城

変換 ~ IMG_4160

稜線からの久住山

変換 ~ IMG_4149

中岳と大船山(1786m)

変換 ~ IMG_4181

三俣山(1745m) 下山も行きと同じルートの登山道です。

変換 ~ IMG_4194

星生崎

変換 ~ IMG_4189

久住山(1787m)を眺めるのはこの位置が一番好みでした。

変換 ~ IMG_4206

変換 ~ IMG_4203

扇ケ鼻からより錦の登山道を下ります。

変換 ~ IMG_4222

特に、紅葉が見事な星生山

変換 ~ IMG_4226

変換 ~ IMG_4064

変換 ~ IMG_4232

牧の戸峠から車に乗り、阿蘇山(根子岳、高岳)眺めながらミルクロードを通り熊本の街へ戻ります。

変換 ~ IMG_3124

変換 ~ IMG_3128

変換 ~ IMG_3129

夜は登頂記念を祝い名物の馬刺しと熊本ラーメンとビールを呑み翌日の祖母山に備えエネルギー補給です。

久住山に登る(1)

 こんにちは
日本列島を立体的に見たくて鉄道以外に、たまには山登りもしています。
今回は、昨年の秋に登った九州の山の報告です。
久住山は、小生の88座目の100名山でして天気と鮮やかな紅葉の彩に恵まれた登山でした。

変換 ~ IMG_2965

羽田空港から約2時間、九州の上空では眼下に九重山を眺める事が出来ました。

変換 ~ IMG_4002

変換 ~ IMG_3986

ミルクロードから眺める九重連山と阿蘇山の高岳

変換 ~ IMG_4231

登山は最短コースの牧の戸峠から始めます。

変換 ~ IMG_4006

変換 ~ IMG_4023

登山口から見事な紅葉です。、左から三俣山と星生山(ほっしょうさん)

変換 ~ IMG_4039

変換 ~ IMG_4062

オーバーユースで荒れてくる登山道は全国的かなと思います。

変換 ~ IMG_4059

変換 ~ IMG_4050

変換 ~ IMG_4082

変換 ~ IMG_4090

真中の平地が久住分れと避難小屋

変換 ~ IMG_4098

変換 ~ IMG_4104

目指す久住山の登山道に咲くリンドウ

変換 ~ IMG_4114

変換 ~ IMG_4111

久住山の頂上から眺める雄大な阿蘇山、当日は祝日と重なり大勢の登山客で賑やかでした。

遅れる紅葉

 こんにちは
ひとつの路線を長年にわたり撮り続けていると季節の移ろいを身近に感じます。
お気に入りのお立ち台は、秋も訪ねてみました。(2019.11.19 上越線)

変換 ~ IMG_4551

変換 ~ 0G1A8461

写真の棚下は、昔に比べると紅葉は遅れ色合いが悪くなってきました。
しかも、くすんだ赤茶色のままで終わるミズナラの木が増えたのも気がかりです。
たぶん、この状況は全国的なのかも知れません。

忘れない

 こんばんは
今日3.11は、忘れない日です。
東北は、学生の頃から好きでして山と旅は今も継続して出かけています。
今回は、三年前の夏に釜石駅から盛駅まで三陸鉄道に乗車した時の写真です。

変換 ~ IMG_8502

変換 ~ IMG_8509

変換 ~ IMG_8504

変換 ~ IMG_8525

変換 ~ IMG_8098

変換 ~ IMG_8095

変換 ~ IMG_8530

変換 ~ IMG_8113

変換 ~ IMG_8117

変換 ~ IMG_8127

変換 ~ IMG_8129

変換 ~ IMG_8534

変換 ~ IMG_8537

変換 ~ IMG_8544

変換 ~ IMG_8545

このBRTバス道路は、かつて鉄道が運行されていた大船渡線です。
JR関東圏内の乗り鉄は2月に出かけた鶴見線でほぼ終わりました。
次は、思いを込め「いくぜ東北」の予定です。

風土記(その2)

 こんにちは
どんど焼き写真は元に戻りまして、(風土記その2)は、
午前中に撮影した達磨さん表情に納得が出来ず、改めて午後の列車を撮りに行きます
(2020.1.11 信越本線)

変換 ~ IMG_5191

変換 ~ IMG_5200

どうでも良い事ですけど達磨さんは、やはり、この顔ですよね。

変換 ~ IMG_5221

その後は、追っかけをして安中駅発車のギラリ狙いをしますが、列車時間が以前より早くなりキラリの輝きでさよならでした。

枯れススキ

 こんにちは
初冬の線路に光が射し枯れたススキは風に揺れていました。
通い慣れた路線もレンズワークを活かしてみると新たな感動が生まれてきます。
(2019.12.14 信越本線)

変換 ~ 0G1A8956

変換 ~ 0G1A8986

風土記

 こんにちは
達磨の片方の目は願いが叶う度に塗りつぶしていくそうです。
小生は、いつも横着してどんど焼きの当日に目を塗りつぶして行事に参加します。
信越本線の沿線は縁起達磨で有名な少林山ありどんど焼きの飾り付けに欠かせません。
(2020.1.11 信越本線)

変換 ~ IMG_5136

変換 ~ IMG_5154

撮影した日は、行事の前日でして地域の人達のいない寂しい風土記写真でした。

釧路湿原SL撮影紀(8)

 こんにちは
来年も冬のSL湿原号が運行され、この地に立てる事を願い撮影紀は今回で終わります。
写真は、同日から別のカットを選び載せました。(2020.2/1.2.3 釧網本線)

変換 ~ 0G1A9313

変換 ~ IMG_5391

変換 ~ 0G1A9542

変換 ~ IMG_5472

変換 ~ IMG_5510

変換 ~ IMG_5589

変換 ~ IMG_3610

走り去り余韻を残して消える汽車の煙は、名作映画のワンシーンを見ているようです。

変換 ~ IMG_5599

変換 ~ 0G1A9557

変換 ~ IMG_5288

変換 ~ IMG_5323

ロケ地に恵まれた湿原号は煙の撮影も拘りたいテーマです。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR