FC2ブログ

山と鉄道の秋

 こんばんは
今年も水上に出かけ恒例の山と鉄道の紅葉狩りをしきました。
色付きは、いつもの年より不作でして少しガッカリです。
(2019.11.2 上越線)

変換 ~ 0G1A8227

八木原から撮影を始めます。
なんと、ここでも交換シーンをゲットです。

変換 ~ IMG_4293

諏訪峡の狭いお立ち台は、既に満席状態。

変換 ~ 0G1A8261

狭いスペースを見つけてパチリ、秋の斜光線は罐を引き立てます。

変換 ~ IMG_4316

その後は、谷川岳のマチガ沢と一ノ倉沢を散策。

変換 ~ IMG_4305

変換 ~ IMG_4331

変換 ~ IMG_4335

一ノ倉沢から眺める白毛門。

変換 ~ IMG_4344

山の撮影に夢中になり復路の撮り鉄に間に合わなくなります。
「二兎を追う者は一兎をも得ず」ですかね。
スポンサーサイト



グッドタイミング

 こんにちは
真岡鉄道のSL重連運転の見納め撮影に出かけてました。
重連の日の沿線は、大勢の人出あり何処も彼処も盛況でして、
なるべく人の少ない場所を見つけて写真を撮っていました。
前日の賑わいが嘘のような翌日、八木岡の撮影地では、
ある年配のSLファンの方が撮影後にゴミ拾いをしている姿を見て頭の下がりました。
恩恵にあずかってる以上、身近に直ぐ出来る行動も大切だと思います。
さて、撮れそうで撮れない列車の交換シーンに遇うと撮影中に気合いが入ります。
(2019.10.28 信越線)

変換 ~ 0G1A8158

変換 ~ 0G1A8171

変換 ~ 0G1A8186

変換 ~ 0G1A8209

ばんえつ撮影紀(134) 

 こんにちは
今回の撮り納は鹿瀬橋梁からのお立ち台です。
必ず煙の期待が出来る撮影地は、すでに数人の先客がいて
しゃがむ姿勢でスペースを分けて貰いました。
(2019.9.29 磐越西線)

変換 ~ 0G1A8042

変換 ~ 0G1A8052

変換 ~ 0G1A8075

この日は、橋の向うから走行してくるⅭ57の爆煙があり
二度もシビレる機会に恵まれました。



ばんえつ撮影紀(133) 

 こんばんは
ばんえつ撮影紀の二日目は、朝から雨が降り、
小生もカメラも防水対策をして汽車を待ちました。
シトシト雨の中、発車する汽車のシビレる情景に出合えて大感激です。
(2019.9.29 磐越西線)

変換 ~ IMG_3948

変換 ~ IMG_3965

変換 ~ IMG_3972

ばんえつ撮影紀(132) 

 こんばんは
一ノ戸橋梁の撮影後は、喜多方ラーメンのお昼を食べ濁川周辺のロケハンをします。
以前の撮影した川辺は、雑草や樹木が成長し撮影不可能になりました。
しかも、プチ俯瞰した場所の道も通行止めになり現地の山道は完全な迷路化です。
結局、喜多方から慶徳峠へ続く築堤に戻り汽車を撮りました。(2019.9.28 磐越西線)

変換 ~ 0G1A8022

この築堤は、良煙に恵まれると汽車の魅力を引き出せる撮影地でもあります。

変換 ~ IMG_3925

変換 ~ 2019_09_28_9999_13

ばんえつ撮影紀(131) 

 こんにちは
追っかけ撮影の続きは、SLばんえつ物語で一番有名な撮影地の一ノ戸橋梁です。
明治41年に架橋され、列車の通過する音は「うつくしまの音30選」に選定されています。
(2019.9.28 磐越西線)

変換 ~ 0G1A7976

ロケーションも良く何処から見ても絵になる橋です。

変換 ~ IMG_3913

橋を囲むように色々な場所から撮影しましたが、今回は、初めての立ち位置で撮りました。
ただ、残念なのは以前に比べ橋の周りに電柱が増え景観を損ねている事です。

ばんえつ撮影紀(130) 

 こんばんは
先週は、SLばんえつ物語の紅葉狩り撮影に出かけ貴婦人C57に逢い束の間のデートを楽しみました。
今年の色付きは遅れ、しかも、彩りも良くなく所々の山肌は赤茶けていました。
さて、早出川橋梁から始めた汽車の追っかは三川駅の発車に間に合います。
(2019.9.28 磐越西線)

変換 ~ 0G1A7912

変換 ~ 0G1A7922

三川駅の停車中の汽車の煙はモクモクなのに、発車後の煙はスカスカでガッカリです。

変換 ~ IMG_3892

続いて上野尻の田んぼ風景は飯豊山がバッチリと望めました。
でも、汽車は背景に同化してしまいしっくりしません。
追っかけ撮影は、時間の制約があり、あらかじめのロケハンと状況判断が求められます。

ばんえつ撮影紀(129) 

 こんばんは
山から里に下り再び鉄チャン写真です。
初日は早出川橋梁から撮影を始め喜多方まで追っかけをしました。
(2019.9.28 磐越西線)

変換 ~ IMG_3853

今回は、立ち位置を変え反対側から水鏡狙いをしますが、煙はモクモクとせず汽車は寡黙でした。
小生の早出川橋梁の煙は、いつも期待外れなのです。

変換 ~ 0G1A7905

消費税対策で、急きょ出かけた9月の磐西線の出費は8%以内
これから出かける予定の磐西線は2%の増税がプラスされます。 遠征も厳しくなりましたね~。

薬師岳に登る(5)

 こんにちは
今月号の山と渓谷社の山案内に会津蒲生岳の記事が掲載されていました。
写真を見ると、今は不通区間となる只見線の橋梁が写っていました。
只見線の復旧工事が終了し、ここにC11機関車が走る姿を蒲生岳から、
いつか眺めたい願っています。
さて、北薬師岳から再び薬師岳の頂に立ち北アルプスの山々を眺めます。

変換 ~ IMG_2841

変換 ~ IMG_2843

変換 ~ IMG_2849

変換 ~ IMG_2851

変換 ~ IMG_2852

左は中央カール、真ん中の上に黒部五郎岳、そして、雲と笠ヶ岳、乗鞍岳、御嶽山と続きます。
(クリックして拡大すると良く分かります。)

変換 ~ IMG_2857

薬師岳の長い稜線の端から山頂を振り返り下山を始めます。

変換 ~ IMG_2888

変換 ~ IMG_2881

変換 ~ IMG_2903

ハクサンフウロとアキノキリンソウ

変換 ~ IMG_2916

シラビソ実は紫色です。

変換 ~ IMG_2917

変換 ~ IMG_2928

ウサギギク

変換 ~ IMG_2921

リンドウ、8月末になると山は秋の花に移っていきます。

変換 ~ IMG_2934

変換 ~ IMG_2940

登山者と挨拶を交わしながら登った道を下ります。

変換 ~ IMG_2947

無事に登山を終え立山杉にお礼の挨拶と次に登る山の安全祈願をします。

変換 ~ IMG_2949

有峰湖

変換 ~ IMG_2951

帰りに寄る有磯海SAは富山湾にオレンジいろの夕日が射していました。

薬師岳に登る(4)

 こんばんは
先週は上越線と谷川岳の紅葉狩りをして来ました。
どちらも鉄チャンと観光客で賑わい駐車場も満杯状態でした。
一ノ倉沢の紅葉はピークを過ぎましたが諏訪峡は今週末が見頃になると思います。
さて、登山者達は薬師岳の山頂から下山して行きまして、北薬師岳に登るのは小生一人となりました。
ルートは岩稜帯も時々ありますが慎重に歩けば大丈夫だと思います。

変換 ~ IMG_2743

北ノ俣岳と薬師岳山荘

変換 ~ IMG_2745

中間点から見る北薬師岳

変換 ~ IMG_2749

稜線のある岩稜帯

変換 ~ IMG_2760

北薬師岳の山頂

変換 ~ IMG_2772

右上に白山が写っています。

変換 ~ IMG_2803

針ノ木岳と蓮華岳

変換 ~ IMG_2779

北薬師岳山頂と剣岳、立山

変換 ~ IMG_2808

左から水晶岳、鷲羽岳、槍ヶ岳、穂高岳連峰

変換 ~ IMG_2818

北薬師岳からの薬師岳

変換 ~ IMG_2828

金作谷カール

変換 ~ IMG_2834

再び薬師岳へ戻ります。
北アルプスの山々を眺めていると懐かしい記憶を思い出し、これが最後の北アルプスの頂かな思うと目頭が熱くなりました。

プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR