FC2ブログ

早春の只見線

 こんにちは
今回は、青春18キップを使い4月初旬に出かけた平成最後の乗り鉄の話です。
早春の只見線は、まだまだ雪景色の美しい車窓風景でした。

変換 ~ IMG_9939

変換 ~ IMG_9944

高崎駅から上越線に乗り換えです。車窓は新雪の谷川岳がバッチリ見えました。
尚、只見線の乗り鉄は、あらかじめ天気を予測しベスト日を選び出かけました。

変換 ~ IMG_9968

変換 ~ IMG_9973

列車本数の少ない只見線は長岡の街歩きをしてから、再び上越線に乗り小出駅で乗り換えします。

変換 ~ IMG_9983

変換 ~ IMG_9992

車窓からは名山の守門岳が進行方向に良く見えます。

変換 ~ IMG_0027

変換 ~ IMG_0029

変換 ~ IMG_0019

ブナ林の森を走るキハ40の列車から除雪中の国道252号線が見えました。

変換 ~ IMG_0040

変換 ~ IMG_0054

長い六十里越トンネルと田子倉隧道を抜けると只見駅に着きます。

変換 ~ IMG_0062

変換 ~ IMG_0098

変換 ~ IMG_0104

変換 ~ IMG_0084

変換 ~ IMG_0069

只見駅の列車本数は1日3本でして、帰る時間まで駅周辺の散策をします。

変換 ~ IMG_0112

変換 ~ IMG_0133

変換 ~ IMG_0138

再びC11蒸気機関車が、この転車台を回り活躍する日を待ち望むのです。

変換 ~ IMG_0124

ここから先の線路は災害と雪に埋もれ列車は今も動きません。只見線の全線が復旧する日を心から願うのです。

変換 ~ IMG_0139

変換 ~ IMG_0162

大白川駅の横は守門川が流れています。

変換 ~ IMG_0196

小出駅が近くなると左から越後駒ケ岳、中ノ岳、八海山、(越後三山)の山は夕日に染まり綺麗です。

変換 ~ IMG_0202

変換 ~ IMG_0208

天気に恵まれ残雪の山々を眺める鉄旅は期待以上の喜びを貰いました。
新幹線が交通機関を占める時代は県境を越える上越線の列車も早い時刻となり、小出駅17時06分発、水上行きの最終列車に乗ります。
今は、佐渡や鳥海山などの夜行列車に乗った昔の旅は懐かしい思い出です。
スポンサーサイト



機関車たち

 こんばんは
GWは、皆様いかがお過ごしでしょうか?
小生は、おもに上越線の出かけ棚下集落の俯瞰撮影をしています。
新緑に囲まれる集落は、何処から眺めたも絵になりお気に入りの撮影地なのです。
ロケハンして驚くことは、厳しく困難な場所を見つけても先駆者の足跡があることです。
さて、今回は秩父鉄道と信越線のまとまらない内容の1月から3月の未発表写真です。

変換 ~ 0G1A4605

変換 ~ 0G1A4810

変換 ~ 0G1A3717

変換 ~ 0G1A3866

変換 ~ IMG_0813

変換 ~ IMG_0823

 こんばんは
桜もハラハラと舞い落ち寂しくなりました。
小生も桜前線を追いかけて桜鉄の北上と行きたいのですが、GWは今年も地元の鉄チャンをします。
さて、桜の写真も好きでして、鉄道の合間に時々は撮っていました。

変換 ~ IMG_1484

変換 ~ IMG_1544

変換 ~ IMG_1581

変換 ~ IMG_1598

変換 ~ IMG_1600

変換 ~ IMG_1619

変換 ~ IMG_1624

変換 ~ IMG_1685

変換 ~ IMG_1629

変換 ~ IMG_1635

変換 ~ IMG_1507

変換 ~ IMG_1636

変換 ~ IMG_1650

変換 ~ IMG_1647

変換 ~ IMG_1666

変換 ~ IMG_1679

変換 ~ IMG_1691

有難いことに、どこも花見客が少なく気ままに撮影出来ました。

変換 ~ 0G1A5362

終わりは、やはり汽車と桜にしましょう。(2019.4.7 信越線)

いつもの撮影地

 こんにちは
新緑の眩しい季節となり、最近の俯瞰撮影は弁当を持参して登ります。
撮影後に、お昼を食べながら眺める残雪の白い峰と下界の風景は格別で祝福の時間です。
さて、それなりに鉄チャンに出かけると在庫が溜まり少し古いネタの順送りをします。
(2019.1.12 信越線)

変換 ~ IMG_0727

変換 ~ IMG_0712

変換 ~ 0G1A3937

変換 ~ 0G1A3968

期待を込めて、いつもの撮影地に出かけ撮り直しです。結果は、いつもと同じ写真の繰り返しですね。

平成最後の満月

 こんばんは
今夜は平成最後の満月だそうです。
秩父鉄道の撮影の時に昼間なのにそれらしき写真が撮れまして載せました。
 (2019.2.24)

変換 ~ 2019_02_24_9999_17

まあ~ 見る方によって意見が分かれると思いますが...

変換 ~ IMG_1410

そして、こちらの写真は、同じ撮影地の同日、同時刻です。
結果的に、写真は意外性があり面白と思います。

驚きました。

 こんばんは
信越線の復路撮影です。
電気機関車に牽引された汽車は
道路の陸橋を抜けると突然に煙を吐き出しました。
(2019.2.23 )

変換 ~ 0G1A4687

変換 ~ 0G1A4714

変換 ~ 0G1A4724

撮影地は架線柱が目立ち、当初は見送る予定でしたけど、想定外な事があると驚きます。

汽笛と川音

 こんばんは
再び秩父鉄道です。
2月に通い続けた上長瀞橋梁のC58とデキ機関車がコンビを組んだ日の写真です。
小生の生まれ年から活躍しているデキ機関車に遇うと特に元気を貰えます。
 (2019.2.11)

変換 ~ 0G1A4232

変換 ~ IMG_1006

この撮影地は、バランスを崩すと水没しますのでご注意して下さい。

桜と汽車

 こんばんは
先週は満開の桜の木の下で汽車を待ちました。
カメラのファインダーを覗きながら見つけたポジションですけど
風に揺らされた花と汽車と被らないように願うハラハラした撮影でした。
(2019.4.7 信越線)

変換 ~ 0G1A5333

SLもおか撮影紀(30)

 こんばんは
地元の名勝地の桜は満開になり半日かけて花見をしてきました。
歳を重ねる度に桜の魅力に惹かれ花びらの散るのは寂しくて愛おしくなります。
さて、今回は真岡鉄道を総括し一連の流れの写真で終わりにします。 
次の撮影の出かける時は、たぶんC12機関車の勇壮を見るのかなと思います。
 (2019.2.16~17)

変換 ~ 0G1A4344

変換 ~ 2019_02_17_9999_1

変換 ~ 0G1A4389

変換 ~ IMG_1201

変換 ~ IMG_1069

変換 ~ 0G1A4584

変換 ~ 2019_02_16_9999_12

変換 ~ IMG_1259

SLもおか撮影紀(29)

 こんばんは
二日目の復路の撮影も道の駅でイチゴを食べてから始めます。
プチ俯瞰した翌日は天矢場峠に登る汽車を線路端で待つ事にしました。
 (2019.2.17)

変換 ~ IMG_1219

変換 ~ 0G1A4566

変換 ~ 2019_02_17_9999_36

線路端で撮影すると峠に挑む歯切れの良い汽車のブラスト音が聞けます。
小生としては、ここでC11機関車を見るのは最後かなと思います。

SLもおか撮影紀(28)

 こんにちは
先程、撮り鉄に出かけ帰宅しました。
桜は満開でも、あいにく曇り空となり桜と汽車の写真は思うように撮れませんでした。
さて、今頃の真岡鉄道は菜の花と桜の時期ですけど冬の写真のお付き合いを
後、3回ほど願います。  (2019.2.17) 

変換 ~ 0G1A4513

変換 ~ 0G1A4522

変換 ~ 0G1A4543

翌日の撮影もモノトーン風景の笹原田の雑木林を撮りますが、小生の好みの光が汽車の背景に溢れます。

SLもおか撮影紀(27)

 こんばんは
残り一回の青春18キップを使い只見線に乗り鉄をする予定です。
上越線経由の小出から只見までの日帰り旅ですけど早春の雪景色を楽しみたいと思います。
さて、冬の真岡鉄道は相変わらず太陽に拘る撮影を続けます。(2019.2.17)

変換 ~ 2019_02_17_9999_3

同じメーカーレンズでも、それぞれに特徴があり色合いが違います。(17-40m)

変換 ~ IMG_1182

こちらは、プラス3/2明けて撮影。(24-105m)

SLもおか撮影紀(26)

 こんばんは
真岡鉄道の撮影は高速料金やガソリン代のコスト計算すると泊りで出かける方が安く済みます。
ホテルの部屋で写真を見直すと出来栄に満足できなくて、翌日も、同じ撮影地で撮り直しです。
 (2019.2.17) 

変換 ~ IMG_1148

寺内の築堤から始めた芳賀野路の撮影は翌日も素晴らしい日本晴れの日でした。

変換 ~ IMG_1152

SLもおか撮影紀(25)

 こんばんは
青春18キップの乗り鉄をして横浜の中華料理と沼津港の海鮮丼を食べてきました。
どちらも観光客の人出が溢れ食事は時間待ちです。
車窓から眺めた櫻は上野は満開でして、横浜、三島、御殿場線の山北は、これから見頃になると思います。
さて、天矢場の後は小貝川橋梁と寺内の橋梁を撮影して終わります。
午後は雲が現れ汽車の白煙は雲に染まってしまいました。(2019.2.16)

変換 ~ IMG_1104

変換 ~ IMG_1127


プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR