FC2ブログ

今年も残り二ヶ月です。

 こんばんは
早いもので今年も残り二ヶ月となりました。
今回は、ブログに載せる予定でパソコンにデータ入力したままの未発表作品です。

変換 ~ 2018_05_05_9999_39

こどもの日は上白井俯瞰 (2018.5.5 上越線) 

変換 ~ 2018_07_29_9999_15

猛暑日の夏の日 (2018.7.29 信越線)

変換 ~ IMG_9573

トーマスは日曜日の夕方のEテレで再放送してます。(2018.8.26 大井川鉄道)

変換 ~ 2017_11_19_9267

秋の締めくくりはこの山の鉄へ(2017.11.19 上越線) 残り二ヶ月、まだまだ鉄日は続きそうです。


スポンサーサイト



緑色の信越線

 こんばんは
一年を通じて磐越西線の汽車撮影に出かける日が数日あります。
今年の磐西線は二日間で終わり、汽車が物足りなく感じるのはそのせいなのでしょうね。
さて、かぶりのモクモク写真の撮り直しをしたら、今度の汽車の煙は期待外れでした。
そんな繰り返しを飽きずに続けてます。 (2018.8.18 信越線)

変換 ~ 2018_08_18_9999_11

変換 ~ 2018_08_18_9999_4

変換 ~ 2018_08_18_9999_16

変換 ~ 2018_08_18_9999_31

変換 ~ 2018_08_18_9999_38

これも鉄道写真です。(その2)

 こんにちは
昨日は仕事後に上越線の夜汽車撮影に出かけたました。
カメラは明るいレンズのコンデジの方が写りが良くメイン機として使いました。
残念なのはⅮ51の青ナンバープレートが夜景に馴染めなく生えなかったことです。
さて、今回もネタの続きでパラグライダー場俯瞰の他のカット写真からです。
 (2018.10.7 上越線)

変換 ~ 2018_10_07_9999_5

汽車は沼田駅を発車です。

変換 ~ 2018_10_07_9999_17

変換 ~ 2018_10_07_9999_33

変換 ~ 2018_10_07_9999_54

汽車の下は月夜野インター。
この撮影地は水田と稲穂が黄金色の時期に狙うのが良いと思います。

これも鉄道写真です。

 こんばんは
俯瞰撮影に惹かれると、高みを目指し誰よりも高く登ることもあります。
でも、鉄道写真に関心がなければ風景写真として見られるのでしょうね。
まあ~自己満足でもいいんです。 好きなように写真を楽しみましょう。 山は貴方を待ってます。
(2018.10.7 上越線) クリックして汽車を探してください。

変換 ~ 2018_10_07_9999_88

車で近くまで行ける三峰山のパラグライダー場からの撮影です。
左の山が子持山で、右の後方の山は榛名山、残念ながら汽車の煙は弱く稲の収穫は終わりでした。

変換 ~ 2018_10_07_9999_39

煙が薄く望遠に変更して撮影、次は三峰山に登ろうかなと思ってます。

9月の雨

 こんばんは
週末は祭りに参加し酒を呑みながら写真撮影をしてました。
お祭りのお酒は楽しくて、活気ある人達の姿は写真の素材としても絵になります。
さて、良くお目にかけるお立ち台の写真は汽車が渋川駅を過ぎると雨は本降りとなりました。
 (2018.9.8 上越線)

変換 ~ 2018_09_08_9999_31

変換 ~ 2018_09_08_9999_50





C&Eの響き

 こんにちは
山の後は、手頃に出かけられる近場の鉄チャン写真です。
この日の主役は、往路はEで復路はCです。
音と響きはEはCに負けるけど碓氷線のEF63の峠越えの機関車は聴きごたえがありました。
  (2018.8.5 信越線)

変換 ~ 2018_08_05_9999_32

変換 ~ 2018_08_05_9999_43

変換 ~ 2018_08_05_9999_4

変換 ~ 2018_08_05_9999_55

(横川―軽井沢)間の碓氷線が廃止から約20年たち、
今は写真とビデオで撮影した映像を見るしかなく、横川駅に行くと寂しくもあり懐かしくもあるのです。

上高地と乗鞍岳(3)

 こんにちは
すっかり秋らしくなり里山散歩したら、なんと17000歩きました。
減量と思って歩いても家に帰ればビールの誘惑に負け、今年も天高く小生は肥ゆる秋です。
さて、大黒岳で御来光を迎えた後は乗鞍岳登山を始めます。(2018.7.16)

変換 ~ IMG_0124

変換 ~ IMG_0128

畳平から整備された登山道を歩きます。

変換 ~ IMG_0130

不消ヶ池(きえずがいけ)とコロナ観測所

変換 ~ IMG_0148

変換 ~ IMG_0167

赤い屋根の肩の小屋から本格的な登山道になります。

変換 ~ IMG_0204

変換 ~ IMG_0197

変換 ~ IMG_0171

変換 ~ IMG_0170

変換 ~ IMG_0192

変換 ~ IMG_0186

変換 ~ IMG_0189

乗鞍岳(剣ヶ峰3026m)の本宮神社奥宮と御嶽山や日本アルプスの展望です。

変換 ~ IMG_0207

変換 ~ IMG_0211

変換 ~ IMG_0214

下山中に眺める大雪渓は夏スキーで賑やかです。

変換 ~ IMG_0221

変換 ~ IMG_0231

変換 ~ IMG_0223

変換 ~ IMG_0226

今回、乗鞍岳に登るのは2度目で、
思えば3000メートルの風景に感動し山登りを始めたきっかけの山でした。
たぶん、これからも山と旅と鉄道のカメラを持った宝探しは続くと思います。

上高地と乗鞍岳(2)

 こんばんは
上高地の翌日は乗鞍観光センターから朝3時30分発の御来光バスに乗り畳平へ行きます。
人気のあるバスは、前日に乗車することの出来なかった人達もいました。
御来光は途中でバスを降り、簡単に登れる大黒岳(2772m)で待ちました。
(2018.7.16)

変換 ~ 2018_07_16_9999_2

左から南アルプスの甲斐駒ヶ岳、仙丈ケ岳、北岳

変換 ~ 2018_07_16_9999_18

槍ヶ岳と穂高岳

変換 ~ 2018_07_16_9999_39

日の出方向の浅間山

変換 ~ 2018_07_16_9999_36

八ヶ岳連峰

変換 ~ 2018_07_16_9999_45

中央アルプス

変換 ~ 2018_07_16_9999_46

ふたたび南アルプス北部、中央の右が白峰三山

変換 ~ 2018_07_16_9999_76

左から南アルプスの塩見岳と荒川三山

変換 ~ 2018_07_16_9999_91

槍、穂高岳の上に妖雲が、

変換 ~ 2018_07_16_9999_102

大黒岳から眺める乗鞍岳の剣ヶ峰は、朝食後に登ります。

変換 ~ 2018_07_16_9999_101

大黒岳の登山道はコマクサの群落が見られます。

変換 ~ 2018_07_16_9999_110

まだ、未踏の山もあるけれど思い出の山々と再び対峙できて感激です。

上高地と乗鞍岳(1)

 こんばんは
夏日の本日は、三峰山のパラグライダー場から上越線の俯瞰撮影をして来ました。
台風一過の去った後は大気もスッキリして素晴らしいコンディションでしたけど、
稲の収穫は終わり汽車の煙の透明度は高く、撮影の結果は来年へ持ち越しとなりました。
さて、今回から新しい登山靴を買い足慣らしに出かけた夏の上高地と乗鞍岳登山の報告です。
   (2018.7.15)

変換 ~ 2018_07_15_9999_8

変換 ~ 2018_07_15_9999_2

変換 ~ 2018_07_15_9999_16

変換 ~ 2018_07_15_9999_32

変換 ~ 2018_07_15_9999_45

変換 ~ 2018_07_15_9999_37

変換 ~ 2018_07_15_9999_51

変換 ~ 2018_07_15_9999_50

変換 ~ IMG_0052

変換 ~ 2018_07_15_9999_63

変換 ~ 2018_07_15_9999_80

変換 ~ 2018_07_15_9999_87

変換 ~ 2018_07_15_9999_89

変換 ~ 2018_07_15_9999_95

変換 ~ 2018_07_15_9999_97

上高地は大正池から河童橋まで歩きました。
日本を代表する景勝地は小生が初めて訪れた頃より100万人も増えましが、毎回、感激します。
好きな季節は新緑の時期に見上げる残雪の穂高岳と焼岳の景観です。

もくもく

 こんばんは
テレビ番組の「もふもふ」にあやかり、今回は汽車の煙の「もくもく」です。
思いのまま撮れないから...再挑戦へ...
それが、魅力へとなのかも知れませんね。(2018.8.12 信越線)

変換 ~ 2018_08_12_9999_2

変換 ~ 2018_08_12_9999_3

変換 ~ 2018_08_12_9999_25

変換 ~ 2018_08_12_9999_35

千変万化する汽車の煙は走り去っても余韻を残していきます。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR