FC2ブログ

上白井俯瞰半端ないって

 こんばんは
毎晩、サッカーW杯のテレビ観戦をしていて連日の睡眠不足です。
このまま日本が勝ち続けてポルトガル、ドイツ、スペイン、ブラジルなどの強豪国との対戦を見たいですね。
さて、今回は山で熊と遭遇し緊張しながら撮影した絶景の上白井俯瞰です。
汽車は小さくクリックして拡大し見て下さい。 (2018.5.5 上越線)

変換 ~ 2018_05_05_9999_15

変換 ~ 2018_05_05_9999_22

変換 ~ 2018_05_05_9999_35

変換 ~ 2018_05_05_9999_47

変換 ~ 2018_05_05_9999_118

変換 ~ 2018_05_05_9999_63

変換 ~ 2018_05_05_9999_78

上白井の俯瞰は、あらゆる素材がまとめて揃い理想的な撮影地だと思います。
小生が初めてこの場所に立った時はスケール大きさに震える感動を覚えました。
ここは、間違いなく復活蒸機のベスト3に入る俯瞰撮影地だと思います。


スポンサーサイト



夕刻のE7

 こんばんは
わりと、古い列車を撮っているようですけど時代の先端を走る車両も好きで新幹線も撮ります。
E7は身近にあるのに、最近の鉄旅は青春18キップがモットーで、
まだ一度も乗車したことがありません。(2018.4.19 北陸新幹線)

変換 ~ 2018_04_19_9999_8


変換 ~ 2018_04_19_9999_16

変換 ~ 2018_04_19_9999_19

E7のデザインも好きだけど500系がデビューした時は衝撃的でカッコ良かったですね。
この日は、呑み会が始まるまで時間を持て余しカメラを持参して夕刻の列車を撮りました。

妙義山麓

 こんばんは
妙義山麓を走る汽車は終着の横川駅が近づくと国道18号と並走し鉄道写真は撮りずらくなります。
でも、列車から眺める奇峰は逸材で信越本線が分断される以前は、
旅人の心を惹きつけ『横川―軽井沢』の県境を超えたと思います。
撮影中に雨が上がり山々は春の光が射してきました。 (2018.5.3 )

変換 ~ 2018_05_03_9999_59

変換 ~ 2018_05_03_9999_11

背景の山は表妙義山の最高峰 (白雲山1104m)

変換 ~ 2018_05_03_9999_20

山の頂に雲の架かる裏妙義山

変換 ~ 2018_05_03_9999_74

復路はDD51の活躍

変換 ~ 2018_05_03_9999_48

勤めを終えたD51は大人しく下って行きます。

ばんえつ撮影紀(番外編) 

 こんばんは
今日からW杯のサッカー開催され、暫らく時差ボケの日々が続きそうです。
前評判は良くなくても勝負は意外な事がはあり、テレビ観戦しながら日本代表に気を送りましょう。
さて、磐越西線の翌日は八海山麓スキー場に登り越後三山を眺めかてら
上越線の汽車の時間に間に合うように行動しました。 (2018.4.30)

変換 ~ 2018_04_30_9999_91

コシヒカリの育つ水田に朝の光が射します。

変換 ~ 2018_04_30_9999_28

100名山の越後駒ケ岳(2003m)と右の中ノ岳(2085m)

変換 ~ 2018_04_30_9999_105

八海山(1654m) これらを合わせて越後三山と呼びます。

変換 ~ 2018_04_30_9999_34

山麓スキー場の上部からの眺め

変換 ~ 2018_04_30_9999_49

浦佐駅を通過する上越新幹線

変換 ~ 2018_04_30_9999_124

越後の山の美味しい空気を吸い込んだ後は上越線で煙分補給

変換 ~ 2018_04_30_9999_87

三日間の気ままな旅は、終わりも汽車でご満悦です。


ばんえつ撮影紀(125) 

 こんにちは
雨の日曜日、家でゴロゴロしながら4月に出かけた磐越西線の総括をしてます。
写真のカットは前に載せた画の前後から選びました。
出来れば毎月訪問と願うのですが、現実は遠きにありて思うものですね。
  (2018.4.28~29)

変換 ~ 2018_04_28_9999_21

変換 ~ 2018_04_28_9999_55

変換 ~ 2018_04_28_9999_196

変換 ~ IMG_9253

変換 ~ 2018_04_28_9999_95

変換 ~ 2018_04_28_9999_125

変換 ~ 2018_04_29_9999_17

変換 ~ 2018_04_29_9999_151

変換 ~ 2018_04_29_9999_65

変換 ~ 2018_04_29_9999_85

変換 ~ 2018_04_29_9999_213

変換 ~ 2018_04_28_9999_244

終わりのピンボケ写真は見方によっては幻の汽車風景のようですね?

ばんえつ撮影紀(124) 

 こんばんは
馬下の水田に沈む夕日を眺めながら撮影すると
某テレビ番組の「永遠の中の一瞬」の感動的ないちシーンを思いだします。
美しい瞬間て幻を見ているようで果敢ないものですね。(2018.4.29)

変換 ~ 2018_04_29_9999_98

変換 ~ 2018_04_29_9999_101

変換 ~ IMG_9470

変換 ~ 2018_04_29_9999_227

磐西線のフィナーレは立ち位置を変え、やはり馬下にしました。
撮影はギラリよりシルエットが好きな小生は、前日より赤い夕日の太陽に惹かれます。

変換 ~ IMG_9508

汽車が去って日は地平線に沈みます。

ばんえつ撮影紀(123) 

 こんにちは
昨日、信越線の撮影中に地元の人と話すとゴミや空き缶が捨てられて困ると言ってました。
自分のゴミは必ず持ち帰り、他人の落としたゴミも意識して拾いたいと思っています。
すでに、囲いやロープで規制された撮影地もあり、
マナーやモラルを守らないと、自分達で自分の首を絞めることになります。 
一鉄道ファンであるからには、責任ある行動が必要です。
さて、磐西線の復路は、前日より更に天気が良く慶徳峠に上る汽車を撮影します。
今回の遠望からの小さな汽車は、クリックし拡大して見て下さい。(2018.4.29)

変換 ~ 2018_04_29_9999_52

変換 ~ 2018_04_29_9999_83

変換 ~ 2018_04_29_9999_192

このお立ち台から撮るのは二度目です。
以前から手軽に行け、当日は俯瞰撮影の好きな数人の鉄チャンと山と汽車の風景を共有しました。
近くの道路が広がり、これからは撮影者が増えてくると思います。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR