只見線撮影紀(42)

 こんばんは
只見線新緑号のフィナーレは立ち位置を変え、前日と同じ場所です。
なるべく長く、そして、静かに眺めようと思っていたら数人の鉄チャンが集まりました。
汽車の煙は、前より乏しくなり田園風景の中を駆け抜けて行きます。(2017.5.21)

変換 ~ 2017_05_21_5411

変換 ~ 2017_05_21_5684

変換 ~ 2017_05_21_5484

変換 ~ 2017_05_21_5518

このカットの数十秒後に汽車は汽笛を鳴らし視界から消えました。
次回からは、気動車と只見線の話になります。
スポンサーサイト

只見線撮影紀(41)

 こんばんは
前回のカットから汽車は横に移動しブラスト音を響かせ峠へと登って行きます。
鉄チャンは、早朝から四季島と磐西線、只見線の掛け持ちしてる2人と小生です。
遅く着いた路線下の車が気になるけど (2017.5.21.山都ー喜多方)
このお立ち台で掲載されるアップ写真を、あえて避け引き画を試みます。

変換 ~ 2017_05_21_5664

再び第一橋梁へ... この只見の色は、30年前の八甲田山登山の帰りに体験した
蔦沼のブナ林の森の色に似てました。  
木洩れ日が白い愛車と人の顔も鮮やかな緑に染める出来事は、今も鮮烈な記憶として残ります。

変換 ~ 2017_05_21_5353

只見線撮影紀(40)

 こんにちは
次の撮影は、只見の色が撮りたくて、二日目も第一橋梁を訪ねます。(2017.5.21)
すでに、復路撮影のための撮影者がいない置き三脚があり矛盾を考える往路の撮影です。 

変換 ~ IMG_8028

新緑の只見色に染まる汽車の時間は、世界で一番、美しい瞬間かも知れません。

変換 ~ 2017_05_21_5649

その後は、前日と同じく磐西線に移動、汽車の後の大きなフジの木の花が見事に咲いています。

変換 ~ 2017_05_21_5323

深い広葉樹の森を走る汽車は季節を通じて絵になります。

只見線撮影紀(39)

 こんばんは
只見線の二日目は、磐越西線に四季島が運行され早朝から掛け持ち撮影される方がいました。
小生もホテルの廊下から出発準備するC11と駅に停車する四季島に初めて面会します。

変換 ~ IMG_7967

変換 ~ IMG_7966

ホテルの朝食中、偶然に会ったネコさんマイオさん情報を聞き、小生はゆっく出発です。

変換 ~ IMG_7977

事前のキハ撮影をして画面のチェック。

変換 ~ 2017_05_21_5617

変換 ~ 2017_05_21_5202


変換 ~ IMG_7994

変換 ~ 2017_05_21_5242

朝の瑞々しい風景の水鏡ねらいですが、汽車は煙の無い走行でした。
(2017.5.21.根岸―新鶴)

只見線撮影紀(38)

 こんばんは
今週の月曜日、私用で東京に出かけたら
高崎線の尾久―上野間で、なんと数十秒間、四季島と並んで走行したのに驚きました。
当日の上野駅は、小生と縁遠い夢の旅の出発日のようです。
さて、盛況の第一橋梁の撮影後は、昨年に探した静かなお立ち台で汽車を待つことにします。

変換 ~ 2017_05_20_5016

背景の尖がり山が磐梯山

変換 ~ 2017_05_20_5031

変換 ~ 2017_05_20_5585

遠くに会津若松の街が見えます。

変換 ~ 2017_05_20_5079

田植の始まる畦道に鉄チャンの車も並びます。

変換 ~ 2017_05_20_5112

煙はここまで。

変換 ~ 2017_05_20_5179

会津盆地が見渡せるのどかな眺めです。(2017.5.20 根岸ー会津高田)

只見線撮影紀(37)

 こんにちは
今宵は呑み会のお呼びがかかり急ぎの交信です。
かけもち鉄チャンした小生は、第一橋梁から磐西線の一ノ戸橋梁に移動でします。

変換 ~ 2017_05_20_5559

爽快な日の有名撮影地は、汽車の煙まで爽快なのでした。(2017.5.20) トホホ...

変換 ~ 2017_05_20_5575

再び、第一橋梁に戻ります。 大勢の鉄チャンが集まる撮影地は大盛況です。
撮影場所を確保したのに、こちらも爽快な煙で汽車は橋を渡ります。 Wトホホでした。

只見線撮影紀(36)

 こんばんは
春の只見線の写真プリントとデータ保存が終了しました。
今回から、ぼちぼち報告させていただきます。
六十里越から入る今年の只見は、雪が多く山と谷と湖は神が宿る崇高な風景でした。

変換 ~ 2017_05_20_4907

変換 ~ 2017_05_20_4911

毛猛山の山々と田子倉湖、只見はダム建設のために専用軌道がありました。

変換 ~ 2017_05_20_4936

見上げた汽車はスカスカの状況で第一橋梁を渡ります。(2017.5.20)
今回の撮影は、この不思議の国のような只見色にハマり色の表現にこだわります。

追憶のSL (大沼)

 こんばんは
蒸気機関車の写真集で、小生の教科書は二冊ありました。
それは、5月に復刊された「北辺の機関車たち」と峠プロの「遠吠え」です。
当時の在り来たりの鉄道写真に飽きて、作者達の作風を学びました。
さて画は、道のりの長い東北本線の急行列車(八甲田)に揺られ青森駅から
青函連絡船に乗船し函館駅で函館本線に乗り到着した大沼です。(1973.3.25)

変換 ~ むろらん_0002

汽車の先の雪原は凍る大沼で、北海道に訪れるSLファンの最初の撮影地でした。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR