行ったぜ東北(6)

 こんばんは
秋田の竿灯祭り、山形の花笠祭りと見物した二度目の東北の最終日は仙台の七夕祭りです。
時間がなく、宿題として残した佐沢線を気にして仙山線に乗ります。

変換 ~ IMG_6178

変換 ~ IMG_6180

仙山線は車内から山寺が見えます。

変換 ~ IMG_6343

変換 ~ IMG_6199

仙台駅で下車して七夕祭りを見てきます。

変換 ~ IMG_6183

変換 ~ IMG_6187

変換 ~ IMG_6188

歩道に竹竿が取り付けできる様に工夫されています。

変換 ~ IMG_6207

仙台の七夕は、飾りつけに決まりがあります。

変換 ~ IMG_6200

見物後は、牛タン弁当を買い東北本線を下ります。

変換 ~ IMG_6216

変換 ~ IMG_6239

郡山駅は風っこが停車しています。

変換 ~ IMG_6236

変換 ~ IMG_6227

時々、豪雨に見舞われます。

変換 ~ IMG_6233

雨の後は、旅の終わりを告げる奇麗な夕焼けです。

変換 ~ IMG_6250

東北の祭りを兼ねた乗り鉄は、カメラとお酒が欠かせない旅でした。
スポンサーサイト

行ったぜ東北(5)

 こんにちは
昨日のSLレトロ碓氷は、先頭と最後尾に汽車が連結される珍しい運転で、
小生の好きなお立ち台も、初めて数人の撮り鉄さんに会い沿線は大勢の人出でした。
さて、一度目の東北の最終日は宿の隣に動く五能線の気動車の音に目覚めます。

変換 ~ IMG_6024

チェックアウト後、鰺カ沢のイカ通りにお土産と帰りの新幹線のつまみを買いに行きます。

変換 ~ IMG_5634

変換 ~ IMG_5633

変換 ~ IMG_5637

斜陽館と津軽鉄道も訪ねてみました。

変換 ~ IMG_5643

変換 ~ IMG_5647

変換 ~ IMG_5649

見学すると太宰治の小説を読み直したくなります。

変換 ~ IMG_6032

津軽鉄道、芦野公園駅は桜の時期に再訪したい駅でした。

変換 ~ IMG_5653

新青森駅から近い日本の代表的な三内丸山遺跡に行って見ました。

変換 ~ IMG_5661

縄文時代に巨大な建造物が作られたのに驚きます。

変換 ~ IMG_5657

旅も、東北新幹線の出発時間です。

変換 ~ IMG_5664

変換 ~ IMG_5666

E6、E5新幹線に乗車した旅は、後の「行くぜ東北」夏の青春18キップ旅に繋がるのでした。

行ったぜ東北(4)

 こんばんは
二度目の東北の翌日は、男鹿線、奥羽本線、北上線、東北本線、仙山線と
乗り継いで山形駅を目指します。
先ずは、早起きしてホテルの朝飯前に男鹿線の乗り鉄です。

変換 ~ IMG_6188

変換 ~ IMG_6106

今度は、車窓から寒風山を眺めます。

変換 ~ IMG_6194

男鹿線は海線かなと思っていたら、意外と里山線でした。

変換 ~ IMG_6119

終着の男鹿駅に到着。

変換 ~ IMG_6112

変換 ~ IMG_6117

変換 ~ IMG_6121

駅前を少し散策して秋田駅に戻ります。

変換 ~ IMG_6203

変換 ~ IMG_6107

秋田駅から夏景色の車窓を眺めながら横手、一ノ関、小牛田、仙台駅で乗り換えして
定刻時間に山形駅に着きました。

変換 ~ IMG_6147

変換 ~ IMG_6145

初めて乗る北上線は、東北らしいのどかな風景でした。

変換 ~ IMG_6143

変換 ~ IMG_6158

変換 ~ IMG_6166

変換 ~ IMG_6171

変換 ~ IMG_6212

秋田市の竿灯祭りに続き、今宵は、山形市の花笠祭りの見物です。

変換 ~ IMG_6334

変換 ~ IMG_6225

変換 ~ IMG_6227

変換 ~ IMG_6316

変換 ~ IMG_6274

変換 ~ IMG_6231

変換 ~ IMG_6258

変換 ~ IMG_6261

変換 ~ IMG_6243

花笠祭りは、踊り手さんが次々と踊りながら変わる華やかなお祭りでした。

行ったぜ東北(3)

 こんばんは
話は、また一度目の東北に戻ります。
男鹿半島を訪ねた翌日は、五能線の沿線を車で移動し昔の撮影地を探しみました。

五能線2

1972年8月の写真で保線作業員の上の岩が下の写真の岩だと思います。

変換 ~ IMG_5889

そして、通過する汽車の撮影地は鉄橋の上の山の斜面のようです。

変換 ~ IMG_5884

五能線の海は、記憶と変わらず今も青く美しく輝いていました。

五能線1

変換 ~ IMG_5521

機会があれば昔の撮影地と駅に再訪したくなりますね。

変換 ~ IMG_5523

その後、白神山地と十二湖へ。

変換 ~ IMG_5578

ブナ林の森で桂の樹を見つけます。

変換 ~ IMG_5557

変換 ~ IMG_5943

変換 ~ IMG_5956

十二湖の青池と沸き壺の池のブルーは神秘的で吸い込まれそうです。

変換 ~ IMG_5551

変換 ~ IMG_5929

旅は、美しい行合崎海岸へ。

変換 ~ IMG_5594

変換 ~ IMG_5595

変換 ~ IMG_5970

移動し千畳敷海岸を散策しているとリゾートしらかみが走って行きました。

変換 ~ IMG_5998

変換 ~ IMG_5975

変換 ~ IMG_5992

変換 ~ IMG_5986

今宵は、鰺ヶ沢温泉の「水軍の宿」でほっこりします。

変換 ~ IMG_5627


行ったぜ東北(2)

 こんばんは
旅は二度目がいい、なんてね。
そんな訳で、二度目の秋田は青春18キップの乗り鉄です。
信越線、上越線、白新線、羽越線を経由し
約12時間かかる風光明媚な路線は、呑み鉄に「こりゃあ、たまらんな~」の車窓なのです。

変換 ~ IMG_6030

変換 ~ IMG_6034

変換 ~ IMG_6033

変換 ~ IMG_6059

鮭が遡上する街でもある村上駅で乗り換え。

変換 ~ IMG_6062_1

変換 ~ IMG_6046

変換 ~ IMG_6060_1

変換 ~ IMG_6050_1

変換 ~ IMG_6054_1

酒田駅はキラキラうえつが停車してます。

変換 ~ IMG_6081_1

変換 ~ IMG_6086_1

乗り鉄を兼ねる呑み鉄も、夕刻、秋田駅に到着です。 

変換 ~ IMG_6095

秋田市は東北三大祭りの竿灯祭りが開催中で華やかです。

変換 ~ IMG_6119

変換 ~ IMG_6100

変換 ~ IMG_6141

竿灯祭りは、手で支えず、腰、肩、額などに竿を立て腕を競う見事な曲芸でした。

行ったぜ東北(1)

 こんばんは
ネタ切れとなり、今回から昨年二度でかけた東北旅の話となります。
一度目は新幹線「こまち」、そして二度目は「青春18キップ」を使い秋田まで行きました。

変換 ~ IMG_5676

変換 ~ IMG_5685

 大宮駅から初めて「こまち」に乗車してワクワクです。

変換 ~ IMG_5731

変換 ~ IMG_5756

田沢湖線になると岩手山が近くなり線路のレール三本になります。

変換 ~ IMG_5767

変換 ~ IMG_5775

変換 ~ IMG_5785

変換 ~ IMG_5790

秋田駅に到着するとリゾート「しらかみ」が待っていました。

変換 ~ IMG_5441

変換 ~ IMG_5427

秋田駅からレンタカーで移動です。秋田港セリオンから初めて秋田臨海鉄道を眺めます。

変換 ~ IMG_5803

変換 ~ IMG_5828

観光を兼ね車で寒風山に登り男鹿線の気動車を撮影。

変換 ~ IMG_5488

変換 ~ IMG_5480

「ゴジラ岩」も見物。

変換 ~ IMG_5870

変換 ~ IMG_5876

太陽が傾いて来て入道崎の海がキラキラ光ります。

変換 ~ IMG_5508

男鹿半島の代表はやはり「なまはげ」ですね。

帰り道

 こんばんは
庭の梅の花が咲き始めました。
でも、寒い日が続き朝は布団からの別れが辛い毎日です。
さて、罐のギラリを期待した信越線は、
(2017.1.3 安中)ほのかなキラリで終わりました。 

変換 ~ 2017_01_03_2236

変換 ~ 2017_01_03_2252

 信越線のギラリは12月中旬から1月中旬までがベストです。 

EL+旧客+C6120

 こんばんは
今日は立春らしく穏やかな日和でロケハンを兼ねて山歩きしてきました。
探せど思うような撮影地は見つからず結局、県道の橋から撮影です。
さて画は、初撮りの信越線で( 2017.1.3.安中.磯部)
電気機関車に牽引された、いささか物足りない汽車なのでした。

変換 ~ 2017_01_03_2182

変換 ~ 2017_01_03_2209

変換 ~ 2017_01_03_2218

変換 ~ 2017_01_03_2219

変換 ~ 2017_01_03_2228

変換 ~ 2017_01_03_2198

 そんな時の撮影は、ワンポイント狙いですかね?
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR