夏空

 こんばんは
先週は東京で写真展を鑑賞してきました。
会場で作品を見て作者とお話しできたことはこれからの創作に役立ちます。
当日は、ありがとうございました。
スッキリ晴れない今年の夏、
久しぶりの青空に誘惑され出かけると汽車は煙分、小生は大量の塩分をかきました。
 (2016.8.21 八木原―渋川ー敷島)

変換 ~ 0G1A2479

変換 ~ 0G1A2443

7DマークⅡを購入してからはアップ写真が多くなりました。
スポンサーサイト

荒島岳.白山.焼岳に登る(6)

 こんばんは
真夜中の雷がゴロゴロ鳴り雨が降ってきました。
おへそが取られないうちに、そろそろ眠ることにします。
 焼岳は山頂の眺めを届けます。

変換 ~ IMG_2252

 立ち入り禁止の南峰

変換 ~ IMG_2258

 火口の正賀池

変換 ~ IMG_2255

変換 ~ IMG_5980

変換 ~ IMG_5985

 煙が上がり殺伐とした危険な所もあります。

変換 ~ IMG_5989

 北峰から眺める大正池

変換 ~ IMG_5993

 梓川が蛇行する上高地

変換 ~ IMG_2277

 北峰(2444m)から見る南峰(2455m)

変換 ~ IMG_5990

 霞沢岳(2646m)と上高地

変換 ~ IMG_6012

 焼岳小屋からの登山道

変換 ~ IMG_2234

 山頂の景色を満喫後、同じ道を下ります。

変換 ~ IMG_6028

 焼岳では珍しいライチョウが見送りしてくれました。

荒島岳.白山.焼岳に登る(5)

 こんばんは
白山登山の後は夜明の穂高岳の写真が撮りたくて安房峠で車中泊します。
山々に囲まれ光の届かない峠の夜空は神秘的で、
ミルクカップから流れ出したような天の川が星々と混じり合い
眺めていると悠久の時を共有しているようでいたく感動しました。

変換 ~ IMG_2206

 穂高岳は好きな山で小生が山登りと山の写真を始めるきっかけになった山です。

変換 ~ IMG_2177

 焼岳は新中ノ湯コースから登りました。

変換 ~ IMG_2214

 真ん中のくぼみに登山道があります。

変換 ~ IMG_5955

 中腹から眺める霞沢岳

変換 ~ IMG_5953

変換 ~ IMG_2233

変換 ~ IMG_2243

変換 ~ IMG_2247

山頂に近くなると大きな火山岩と岩石が凄まじく緑の植物がなければ別の惑星にいるようでした。

荒島岳.白山.焼岳に登る(4)

 こんばんは
夏空に誘われて半日鉄チャンして来ました。
撮り鉄も夏休みの学生がいて
小生も周遊券で日本各地の汽車を追い求めていた頃を思い出すのです。
登頂後の白山は霧が時々流れてくる中、お池巡りをします。

変換 ~ IMG_5864

変換 ~ IMG_5869

 池巡りの道はガラ場の登山道です。

変換 ~ IMG_2050

変換 ~ IMG_2053

 池の近くから見る御前峰で左のピークが頂上です。

変換 ~ IMG_5886

変換 ~ IMG_2066

 小生の好きなアオノツガザクラが咲いていました。

変換 ~ IMG_2076

変換 ~ IMG_5903

 イワツメクサとチシマギキョウ

変換 ~ IMG_5788

変換 ~ IMG_2090

 復路も平瀬道の道でエメラルドグリーンの白水湖が奇麗に見えます。
鉄チャン写真を載せました。  (2016.4.30 安中ー磯部)

変換 ~ IMG_0575

変換 ~ 0G1A0025

DD51も貴重となり最近の信越線はELが協力しています。

荒島岳.白山.焼岳に登る(3)

 こんばんは
連日、オリンピックで活躍する日本人選手にウルウルしてます。
ナショナリズムは強制しなくても頑張る姿を見れば自然と生まれてくと思うのですが...
さて、白山は室堂平で一休みして山頂の御前峰を目指します。

変換 ~ IMG_5825

変換 ~ IMG_2020

 クロユリも咲いていました。

変換 ~ IMG_5832

変換 ~ IMG_5836

変換 ~ IMG_5839

変換 ~ IMG_5838

 室堂からの登山道は整備されています。

変換 ~ IMG_5840

 山頂の白山ひめ神社奥宮

変換 ~ IMG_5857

変換 ~ IMG_5844

変換 ~ IMG_5849

 頂上から眺める大汝峰と剣ヶ峰の絶景です。

荒島岳.白山.焼岳に登る(2)

 こんばんは
お盆は、遠出せず地元で鉄チャンしてました。
稲穂も生長し来月は黄金色の風景の中を走る汽車が見られますね。
さて、白山に登る願いが叶い立山、富士山を含めて日本三霊山に登る事が出来ました。
ルートは白川村からの平瀬登山道コースで往復、約8時間の行程です。

変換 ~ IMG_5760

変換 ~ IMG_5763

 朝日がブナ林から射し込む大白川から登山が始まります。

変換 ~ IMG_5772

変換 ~ IMG_5769

変換 ~ IMG_2010

 約、三時間歩くと白山の展望が開けてきます。

変換 ~ IMG_5796

変換 ~ IMG_5791

変換 ~ IMG_5793

変換 ~ IMG_5803

 カンクラ雪渓からマルバダケブキ、ハクサンフウロなどの高山植物が咲いています。

変換 ~ IMG_2012

 湿原から眺める白山の最高峰の御前峰(2702m)

変換 ~ IMG_5822

 登り始めて四時間半、あと少しで室堂に着きます。

荒島岳.白山.焼岳に登る(1)

 こんばんは
暫らく汽車を休みにして夏山登山と青春18キップの旅をしてました。
明日は、久し振りに汽車に逢い煙分補給してきます。
さて、今回から夏山シリーズとなり三日間で三山に登ったお話しです。

変換 ~ IMG_5680

夜通し運転してきた100名山の荒島岳登山口の駐車場は全国からの車が止まっています。

変換 ~ IMG_5700

 ブナ林が美しい勝原登山コース

変換 ~ IMG_5690

変換 ~ IMG_5702

 トトロの樹もあります。

変換 ~ IMG_5715

 ブナの根っこ道

変換 ~ IMG_5721

 稜線から眺める荒島岳

変換 ~ IMG_5727

 山頂に咲くお花畑

変換 ~ IMG_5728

 標高の低い山にしてはキツかったのです。

変換 ~ IMG_1988

変換 ~ IMG_1997

 白山に移動中の(ひるがの高原SA)では美しい虹が架かりました。

ばんえつ撮影紀(110) 

 こんばんは
ばんえつ撮影紀も今回でネタ切れです。フィナーレはやはり馬下の夕景ですね。
今年も、あと2回くらい撮影に出掛けたい思っていますが...

変換 ~ IMG_5257

変換 ~ IMG_1122

変換 ~ 0G1A1173

変換 ~ IMG_1134

 代り映えしないけど沈む太陽はいつもドラマチックなのです。


ばんえつ撮影紀(109) 

 こんばんは
夏山は、荒島岳、白山、焼岳に登りました。
苦しい山登りでしたけど天気に恵まれ予定通りの行動が出来ました。
詳細のついてはのちほどお話しします。
さて、ばんえつ線は上野尻の立体交差で復路の撮影です。(2016.5.15)

変換 ~ 0G1A1101

変換 ~ 0G1A1118

 あらかじめ構図を考えておきズームレンズを多様しての撮影

変換 ~ 0G1A1121

 この日、飯豊山は一日お付き合いしてくれました。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR