ばんえつ撮影紀(69)

 こんばんは
日本シリーズが意外な展開で終わりました。
でも、ルール説明がないので奥さんは首をかしげてました。
ホークスファンの皆様 おめでとうございます。
さて画は、黄金色を背景にする汽車が撮りたくて春から待っていたのです。

変換 ~ IMG_7623

 こちらは5月連休の画で、桜と田植えの時期も撮りたくなります。

変換 ~ IMG_5195





スポンサーサイト

ばんえつ撮影紀(68)雄国沼

 こんばんは
上越国境の白砂山から初雪の便りが届きました。
山は偉大な存在で見たり聞くだけで登山の記憶がよみがえり懐かしくなります。
100の山に登ると100の喜びと思い出が作られてしまうのです。
さて、夕日を浴びたC57はススキの穂を揺らし去って行きました。(喜多方ー山都)

変換 ~ IMG_8020

変換 ~ IMG_2022

変換 ~ IMG_1989


蒼の街

 こんばんは
NHK、SONGUSを見てたら小生の好きな曲
レッド、ツェッぺリンの「天国への階段」が流れました。
そんな訳で思い浮かん画は、本日の撮りたて写真です。

変換 ~ IMG_8680

 駅を発車した蒸機は赤いテールランプと共に蒼の街に消えていきます。(2014.10.25)


ばんえつ撮影紀(67)

 こんばんは
寒くなりました。
画のプチ俯瞰撮影地に行った頃はやぶ蚊に刺されて
地元の鉄チャンとデング熱の話題で盛り上がりました。
11月の只見線は蚊より強敵な熊対策が必要ですね。

変換 ~ IMG_7607

変換 ~ IMG_2041

変換 ~ IMG_2100

 一ノ戸橋梁を渡るC57は今年最後となりました。(9.28)

ばんえつ撮影紀(66)と雄国沼

 こんばんは

三日続けておでんの夕食でした。
味がしみ込んで美味しくなるけど飽きてくるのも事実なのです。
さて画は、築堤を上って来る蒸機の迫力に圧倒されてしまいます。

変換 ~ IMG_1925

変換 ~ IMG_1906

 タラコ列車も青空に映えました。

変換 ~ IMG_2040

変換 ~ IMG_8090

変換 ~ IMG_2002

 今年、見納めのリンドウの花


ばんえつ撮影紀(65)と雄国沼

 こんばんは
久しぶりに鉄しない土日でした。
さて復路の磐西線は、お昼に宮古蕎麦か喜多方ラーメンを食べてから始めています。
で・・・ 撮影はいつもの所 (喜多方ー山都)

変換 ~ IMG_1426

 門デフのC57はこのアングルが好きなのです。

変換 ~ IMG_2024

変換 ~ IMG_2033

変換 ~ IMG_8064

 9/28日の最終日は、撮り鉄のロケはせず雄国沼の景色にハマッテました。

ばんえつ撮影紀(64)雄国沼

 こんばんは
明日から市のお祭りで地元のカメラマンです。
苦手なジャンルだけど酒を呑みながら気合を入れて写してきます。
さて画は、稲刈りが始まった一ノ戸橋梁とコスモスが咲く尾登駅
乗り鉄するなら非電化のローカル線がやっぱり良いですね。

変換 ~ IMG_1889

変換 ~ IMG_1913
 
変換 ~ IMG_8051
 雄国沼からの猫魔ヶ岳
変換 ~ IMG_2008

ばんえつ撮影紀(62)と雄国沼

 こんばんは
早くも北の国から雪の便りが届く季節となり
汽車撮影も斜光線と白煙で良い感じになってきました。
さて画は、春に続き秋も訪れた好きな撮影地の郡岡です。

変換 ~ IMG_7541

 雄国沼湿原はすっかり秋の衣替えをしていました。

変換 ~ IMG_1978
 
変換 ~ IMG_1972

変換 ~ IMG_8057

 尾瀬と違う静かな山歩きが出来ます。

ばんえつ撮影紀(62)と雄国沼

 こんにちは
台風19号でけが人が相次いでます。
十分注意しましょう。
さて、C57の最終日は喜多方市から近い雄国沼に初めて行ってみました。

変換 ~ IMG_7593

 とんがり山の磐梯山、そして猫魔ガ岳、左稜線を下った所に雄国沼があります。
喜多方駅を発車したC57は爆煙で走ってきました。

変換 ~ IMG_1942
 峠から見る雄国沼と磐梯山
変換 ~ IMG_1944

変換 ~ IMG_1959
 
 夏は、レンゲツツジとニッコウキスゲが有名で歩き始めた時は貸切状態でした。(2014.9.28)

ばんえつ撮影紀(61)

 こんばんは
カーナビを三川駅にセットして家から約4時間で到着
ばんえつ撮影紀は、いつもここから始まりです。(三川駅発車)

変換 ~ IMG_1820

変換 ~ IMG_1837

変換 ~ IMG_1851

ばんえつ撮影紀(60)

 こんばんは
東海道新幹線が開業して半世紀、500系が一番カッコイイなんて言うけど
やっぱ門デフのC55、C57はもっとカッコイイのです。
いずれ500系は引退するけどC57はこれからも走り続けるでしょうね。
さて、一ノ戸橋梁のプチ俯瞰道はいつの間にか密林となり撮影はお立ち台に変更です。

変換 ~ IMG_7986

変換 ~ IMG_1320

 収穫もコンバインが使われて稲掛け風景も少なくなってきました。

変換 ~ _1385
 黄金色の染まった喜多方の田園風景も素晴らしいのです。
変換 ~ IMG_1380

 

ばんえつ撮影紀(59)

 こんばんは
パソコンが故障してサボってました。
さて、今年の磐西線は9月で終了、先月は名残惜しくて2回出撃しました。
心の風景が残る磐越西線に毎度、毎度ワクワクするのは小生だけでは無いと思います。

変換 ~ IMG_1362

変換 ~ IMG_1322

鉄の細道(5)

 こんばんは
キャノンイオス7DマークⅡが11月に発売になりますね
撮り鉄は高速連写と高精度なAFを求めたくなりますが
小生は、これからも愛機の5DマークⅡで鈍行連写をして行きます。
さて画は、煙にまかれたまま橋を渡るC11です。(2014.9.14)

変換 ~ IMG_7508

 実は、今回の旅で一番見たかったのは羽黒山の五重塔なのです。

変換 ~ IMG_1264

変換 ~ IMG_1854

変換 ~ IMG_1272

変換 ~ IMG_1841

変換 ~ IMG_1281

変換 ~ IMG_1285

変換 ~ IMG_1276

変換 ~ IMG_1823

 五重塔は平安時代、平将門の創建と伝えられているそうです。

プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR