棚下のD51

 今日は爽やかな日でした。梅雨の前に磐西と思いましたが
組の行事あるので、上越線のC61と御対面しくる予定です。
でも俯瞰だと蒸機が深緑に溶け込んでしまうので夏はプチ俯瞰にしますかな?

変換 ~ IMG_9706

 汽車が来る前に増水した利根川えん堤の川ギリギリに三脚のセット (オオ怖エ)
     (2012.5.4 津久田ー岩本)

変換 ~ IMG_0170

 撮り鉄後 棚下を散歩しました。 古風な家の上に上越線があります。

変換 ~ IMG_0169

 宿だったのかな? この道はむかし沼田街道でした。
スポンサーサイト

カイくんと宗四朗山(2)

 頂上に到着 人知れず静かな山で小さなケルンがあるだけの小生好みの山でした。 
         (2012.5.27)

変換 ~ IMG_1145

 熊に遇わず良かった

変換 ~ IMG_1148

 山頂から天丸山、大山方面の眺め

変換 ~ IMG_1159

 大ナゲシ、赤岩岳方面

変換 ~ IMG_1153

 腹減ったおにぎりくれ

変換 ~ IMG_1142

 帰り道の新緑

変換 ~ IMG_1137

 これにて失礼 またいつか会いましょう

カイくんと宗四朗山(1)

 8000メートル峰 全14座に登頂した日本人初の竹内さんは凄い快挙です。 
ある山の本を読んだら 8000メトールを超えるとデスゾーンの世界で酸素は地上の3/1
幻覚にも襲われて収容できない遭難者の遺体を見て登山をする事もあるそうです。
さて 今回は秘境の山に行くことになりカイくんに応援をお願いしました。(2012.5.27)

変換 ~ IMG_1122

 御無沙汰してました。2回目の登場です熊対策でまた召集されました。

変換 ~ IMG_1125

 最初の難所は崖崩れした林道を越えます。

変換 ~ IMG_1138

 むむ熊の出そうな気配...

変換 ~ IMG_1131

 一休みして水分補給とせんべいを食べます。

変換 ~ IMG_1136

 森の間に目指す宗四朗山が見えてきました。

変換 ~ IMG_1143

 ミツバツツジもまだ咲いています。

変換 ~ IMG_1162

 尾根に出ると両神山が見えました。

変換 ~ IMG_1155

 とんがり山の大ナゲシも

ばんえつ撮影紀 (17)

 撮影紀も日出谷の鉄橋を最後にC57と暫しの別れです。
夕方の光線が蒸機の演出の手助けをしてくれ 400ミリの固定カメラで連写しました。
  (2012.5.13 日出谷ー鹿瀬)

変換 ~ IMG_0283

 下り勾配なので煙を諦めていましたが 
撮り鉄さんが数十人いたので機関士さんが煙のサービスしてくれました。
橋は、やはり赤色が良いですね 蒸機に合います。

変換 ~ IMG_0955

 大和PAで写した残雪の越後駒ケ岳は風格があり美しいです。
そして、谷川岳PAの天然水を汲んで帰宅しました。
 

ばんえつ撮影紀 (16)

 さて今回のばんえつ撮影紀も残り一回となりました。
菜の花畑で撮影していた撮り鉄さんに次の撮影地を聞いたら日出谷と言う事で
優柔不断な小生もその場所に行くことにしました。

変換 ~ IMG_0901

 鉄橋を渡るとカメラの連写が鈍くなり汽車とポールが重なりました。
     (2012.5.13 日出谷ー鹿瀬)

変換 ~ IMG_0947

 前から行きたかった新潟の角田山に登山します。 遠くに佐渡島が見えます。

変換 ~ IMG_0923

 アマドコロ?も咲いてます。

変換 ~ IMG_0934

 海抜481メートル スカイツリーはもっと高いネー

変換 ~ IMG_0952

 海の山は海岸線もきれいです。

ばんえつ撮影紀 (15)

 本日はさわやかな天気でスカイツリーからの展望も素晴らしかったと思います。
群馬では榛名山の水沢山から写したツリーの写真がテレビで放送され 四万温泉も海抜634メートル
だそうです。 ゴロ合わせを地方もいろいろ考えますよネー
 さて画は 一ノ戸橋梁を渡るC57のプチ俯瞰の続きです。(2012.5.13)

変換 ~ IMG_0160

  帰りに菜の花畑でキハも写しました。蒸機でないので適当になってしまいます。(反省)
 国鉄色だったら撮り鉄さんが喜びますよね (山都ー喜多方)

変換 ~ IMG_0838

 裏磐梯(桧原湖) 新緑のブナ林以上の美しい森はないと思います。

変換 ~ IMG_0740

ばんえつ撮影紀 (14)

 昨日は金環日食、今日はスカイツリーと
元気な日本になると良いのですが、政治は暗い話ばかりですネ
さて画はヘビの出没しそうな山を汗をかきながら登りました。 結果としてはgoodでした。
     (2012.5.13 山都ー喜多方)

変換 ~ IMG_0800

 橋の架かると煙の勢いがよくなりました。

変換 ~ IMG_0828


変換 ~ IMG_0306

 山都は蕎麦でも有名で、撮影後はそば処 喬邑(きょうむら)へ当然もりそばを食べます。

ばんえつ撮影紀 (13)+金環日食

 今朝は見事な金環日食で日本中が空を見上げ天体ショーを堪能していました。
小生も休憩しながら約一時間ほどショーを楽しみました。
さて画は裏磐梯を早めに切り上げ一ノ戸橋梁をロケハンしプチ俯瞰で蒸機を写しました。
       (2012.5.13 山都ー喜多方)

変換 ~ IMG_0779

 カメラのレンズに未露光のフイルムを二枚重ねセロハンテープでとめて日食を撮りました。

変換 ~ IMG_0983

 約320ミリの望遠レンズです。 だいぶ欠けてきました。

変換 ~ IMG_1022

 見事なリングになりました。

変換 ~ IMG_1071

 月が少しずつ移動して行くのがよく分かります。

変換 ~ IMG_0999

 木漏れ日も日食になりました。

ばんえつ撮影紀 (12)

 これも前回の引き画で撮り鉄さんは二人だけで 各自がお気に入りの場所で写していました。
築堤は緑が濃くなり青空もだんだん拡がって来てくれました。 (2012.5.12)
自分の影が映る時間となりギリギリの構図をとってみましたが少々間が抜けたようです。
今頃は田植えも終わり蛙の歌の合唱が始まっていると思います。

変換 ~ IMG_0056

 夏になるとこの場所の葦もかなり大きく成長していると思います。
動画モードで映せば野鳥のオオヨシキリの鳴き声と蒸機の音が拾えるかも知れません?

変換 ~ IMG_0745

 桧原湖の山桜に引き付けられ運転も小休止です。

ばんえつ撮影紀 (11)

 本日は初夏のような日でした。
小生は、山菜採りに出掛け タラの芽、うど、山椒の収穫があり
帰りは、天然水も汲んできて夕食料理は全て天然の自然食品なのでとても絶品でした。
仕上は天然水のコヒーです。 今 飲んでいます。(マイウ)

変換 ~ IMG_0596

 まこと食堂の喜多方ラーメンでエネルギーの補給 返しは前回と同じ築堤で蒸機を写しまた。
蒸機に虹が架かってますけど分かりますかネ (2012.5.12 喜多方ー山都)

変換 ~ IMG_0626

 C57はサイドから見るのが好きで門デフが似合います。(門デフで見たい)
築堤は背景がスッキリして蒸機が引立ちます。

変換 ~ IMG_0691

 撮影を終了し裏磐梯の宿へ 喜多方からわりに近いのです。 ネコ柳も春の準備

変換 ~ IMG_0696

 ゼンマイも恥ずかしそうにご挨拶

ばんえつ撮影紀 (10)

 前回の引き画でカメラを三脚にセットし自動撮影です。(2012.5.12)
現役蒸機の時代はモードラでも無ければ連写は大変
しかもプロカメラマンかお金持ちの撮り鉄さんしか持っていませんでした。
      (便利になりました)

変換 ~ IMG_9956

 一ノ戸橋梁はいつも良煙を吐いてくれ 天気のいい時は飯豊連峰も見えます。

変換 ~ IMG_0650

 裏磐梯ではソメイヨシノと山桜が満開でした。

変換 ~ IMG_0728

 山桜と新緑の競演です。

ばんえつ撮影紀 (9)

 カーナビを山都駅にセットして距離優先にしたら何だか訳の分からない道と山越えでした。
でも、カアちゃんナビより正確で親切 ちゃんと目的地に到着してくれました。
しかも今回は三脚セットに間に合いました。 (2012.5.12 山都ー喜多方)

変換 ~ IMG_0505

 一ノ戸橋梁はどこから写しても絵になります。

変換 ~ IMG_0643

 軽トレッキングした裏磐梯の毘沙門沼です。青空ですと沼のエメラルドグリーンが美しいのでが...

変換 ~ IMG_0668

 枯れ木の影が水面を演出します。

ばんえつ撮影紀 (8)

  磐越西線に行ってみると現役蒸機がまだ走っている様な感じで
気の向くまま足の向くまま のんびりするのも良いかも知れませんネ

変換 ~ IMG_9913

 津川駅の停車中に追い抜き鹿瀬橋梁でゲット (2012.5.12)
前回のときは平瀬トンネルまで行ってみましたが蒸機が走り去った後の煙が長々と昇っていました。

変換 ~ IMG_0712

 翌朝は裏磐梯を軽トレッキング 日本三大景勝地だけあって写欲をそそる場所がたくさんあります。

変換 ~ IMG_0710

 湿原に水芭蕉が咲き始め小鳥のさえずりが春を告げています。

ばんえつ撮影紀 (7)

 あれれ 終わったシリーズのはずなのに又、復活です。
今度は新緑と蒸機が写したくなって出撃してきました。(2012.5.12)
少々磐西色に染まりそうでこれからどうしましょうかなー

変換 ~ IMG_0377

 今回も車の追っかけで最初は三川の白崎トンネルで写します。

変換 ~ IMG_0389

 この時は雨がパラパラで撮り鉄さんは数人いました。

変換 ~ IMG_0428

 走り去った後の余韻がたまらない

郷愁

 今まで引き画ばかりなのでたまにはアップにしました。
五能線の8620で保線作業員の人も絵になります。
現役蒸機が良いと思うのはオジサン達世代のノスタルジアでしょうか?
  (72.8.12 大間越ー岩館)

変換 ~ 五能線72.8.12大間越ー岩館2

子持山とD51 (3)

 返しのD51を写すため早々と山頂を後にして また 獅子岩に来ました。

変換 ~ IMG_0302

 赤城山と高速道路 その下の崖が棚下だと思います。汽笛は聞こえますが、汽車は見えません 

変換 ~ IMG_0297

 タチツボスミレも咲いていました。

変換 ~ IMG_0346

 さて返しの蒸機が大正橋を渡っています。小さくて しかも翳ってしまって何だか良く分かりませんネ
とりあえずクリックして見て下さい。  (2012.5.5)
 まとめますと300ミリ以上の望遠と双眼鏡を持参すると蒸機を見つけるのに助かります。
大正橋~敷島駅までと沼田方面の一部が撮影可能で子持山神社の奥に登山口があります。
獅子岩はハシゴとクサリがあり危険なので注意してください
 スカイツリーと蒸機のツウショトが撮れるかも知れませんヨ?

変換 ~ IMG_0336

 近くで見る大正橋です。(2012.5.3)この日の利根川はかなりの水量でした。

変換 ~ IMG_0065

子持山とD51 (2)

 今日は初夏みたいな日でしたネ 子持山の登山の前に写したD51で
新緑の美しい棚下の鉄橋を渡ります。(2012.5.5)

変換 ~ IMG_0236

 岩本からきたのでしょうか?カヌーが ひするまキャンプ場に到着しました。

変換 ~ IMG_0282

 獅子岩か見たこれから目指す子持山です。

変換 ~ IMG_0287

 木が邪魔して山頂の展望は あまり良くありません

変換 ~ IMG_0303

 上州武尊山と奥利根方面が見えました。

変換 ~ IMG_0304

 

子持山とD51 (1)

 赤城山と榛名山の間に子持山がありその裾野に蒸機が走ります。
天気が良いので、今回初めて登る事にしました。
まずは上越線の景勝地の棚下で蒸機を写します。(2012.5.5)

変換 ~ IMG_0209

 増水した利根川でカヌーを楽しむ人もGWですネー

変換 ~ IMG_0263

 撮影後、梅干おにぎり食べ山登りを始めます。山道には(一人静?)咲いていました。

変換 ~ IMG_0341

 歩き始めて1時間30分獅子岩に着きました。

変換 ~ IMG_0300

 素晴らし眺めで、遥か遠くに大正橋が見えます。

変換 ~ IMG_0292

 画の真ん中 右上の橋で、返し蒸機をここで写す事にして子持山を目指します。

タンポポの後は麦畑

 連休も最終日となり遊びの人も仕事の人もお疲れ様でした。
さて画は、蒸機でデビューしたイオスキッスⅩ4ですけど
連写とズームの発色に難がありますけど値段からするとお買い得でした。
 雨の日で、煙がいい演出したくれました。
  (2012.5.3 上越線)

変換 ~ IMG_0031

菜の花の後はタンポポ

 連休後半は天気が良くないですネ
明日は晴天になってあざやかな新緑に身も心も染まりたいものです。

変換 ~ IMG_9526

 さて画です 蒸機が来る前に菜の花を利用して望遠レンズでぼかしてみました。
でも架線とポールが気になるので変更して...

変換 ~ IMG_9565

 タンポポでその場しのぎとなりました。(2012.4.30 安中ー磯部)

桜の後は菜の花

 今日は雨でした。
連休の3日は天気があまり良くないみたいですネ
パソコンを貰ったお礼にイオスキッスデジタルXを差し上げました。
機種が古いため連写の途中から手動巻上げの様な状態になるためこの機会にカメラを買ってきました。
当初はD60の予定でしたけどX5と変わらないようだし
隣りにはX4(18-135ズーム付)が56、000円で売っていたのでこれに決定しました。
上越線でデビューする予定です。
さて画ですけど旧客のD51が青空に映えましたネ(2012.4.28 松井田ー西松井田)

変換 ~ 信1

 2台カメラを使い望遠系と広角系にセットして同時に写します。
状況によって肉眼で見るのが好きなのでレリーズに頼りましてこの画のときも肉眼で見てました。

変換 ~ 信2

 煙の無い返しで 桜か終わり菜の花へと 旧客なので現役蒸機ような感じかな?
        (2012.4.28 安中ー磯部)
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR