天空のファンタジー

 浅間山の近辺に たまーにですけど つるし雲 はなれ雲が発生する事があります。
気流と火山の影響だと思いますが、今回ほど凄いつるし雲は初めてでした。
たぶん 生涯お目にかかる雲としては 最初で最後だと思います。
日が暮れるまで、仙人になった心境でいつまでも天空を見上げていました。
        (2011.4.8)

変換 ~ IMG_0876妙義山つるし雲

 信越線 横川行きのD51とDD51で妙義山が好展望なのに煙はスカでした。
小生の現役蒸気時代は、赤ブタと言われて人気が無かったDLも今は貴重となってきました。
        (2011.10.16 安中ー磯部)

変換 ~ D51とDL

スポンサーサイト

夕景

 これから 美しい夕焼けが見られる季節になりましたね
ちょっと視点を変えるだけで身近な処でも 案外お気に入りの写真が撮れます。
また妙義山ですけど,
春の蒟蒻畑の土壌消毒で土の中の害虫と病気の処理のためビニールシート張られます。
人工的ですけど、わりと絵になります。 (2011.4月 )

変換 ~ 夕日と妙妙義

 中央西線 D51とC12で落合川へ移動する時間の合間に写した夜景です。
ロケの良い路線なのに2回だけしか出掛けませんでした。 もったいないなー
       (71.11.21 中津川駅)

変換 ~ 中央西線1971.11.21落合川6


黒と赤

 黄金色の田園風景 
イマジネーションしてSLとDLを表現してみました。

変換 ~ 米D51

変換 ~ 米DL

C61いいなー

 たまにはアップもいいかなと考え 線路端で後部の車両まで入れて正統的な写真を撮りました。
群馬DCが終り 撮り鉄さんも少ないのに思わず良煙で興奮しちゃいました。
    (八木原ー渋川 2011.10.15)

変換 ~ c61

 さてC61の対面してニコニコしながらの帰り道 怪しい雲が見えたので
今度は、50回位出かけた お気に入りのお立ち台で妙義山の撮影をしました。 
鋸の歯みたいで凄い山でしょう。

変換 ~ 野殿


あの頃

 小海線の小諸駅か中込駅のどちらかだと思いますが忘れてしまいました。
数少ない スナップ写真ですけど 見直すといいんですよねー
もっと たくさん写しておけばよかったなと思うこの頃です。
           (72.6.18)

変換 ~ 小海線72.6.18

 前回の画の続きで 妙義山麓の彼岸花と収穫を迎える蒟蒻畑です。
秋の里山歩きは、気持ちいいので天気ですと おにぎりを持ってちょっと出掛けたくなります。
       (2011.10.2)

変換 ~ 妙義2


日本的なチロル+D51

 歳を重ねると、感性も変わってきて 案外 身近な処でも素敵な風景に出会う事があります。
そんな時 思わずニンマリしちゃうんですよネ
もちろん ヨーロッパのチロル地方には行った事がないけれど
棚田と山村 そして 彼岸花とコスモスが咲く 日本的な風景が妙義山麓にありました。
       (2011.10.2)

変換 ~ 妙義1

 本日 信越線に走ったD51で 群馬DCで汽車を追っかけていたら
なんとなく癖になってしまったみたいです。暑かったので煙も薄かったなー
        (2011.10.10 松井田ー西松井田)

変換 ~ 信越D51

雲取山に登る 3

 山頂を後にしたのはpm12:00 そして三峰神社にpm4:40分に到着して
暗くなる前に下山する事ができてホットしました。 今回は意外と登山者が少なかったようです。
本日からの3連休 山は、きっと賑やかで富士山も見えると思いますヨ? 良き山旅を...
      (2011.10.1)

変換 ~ 雲取山

 色付いてきたはギボシかな?

変換 ~ 雲取4

 時には登山道に光が射しました。

変換 ~ 雲取山3

変換 ~ 雲取山2

 倒れて枯れて土に返って、又 新しい命が生まれる自然のいとなみ
今回は、霧のために展望の写真が撮れませんでした。

変換 ~ 秩父

 三峰では、秩父鉄道にC58も走っています。
汽車に乗って登山が出来たら最高ですよネ (2010.11.14 白久ー三峰口)                                     

雲取山に登る 2

 三峰神社をAM6:15分に出発して殆んど森林の登山道をひたすら歩き
AM11:30分に頂上に立つ事ができました。 果して展望は?
      (2011.10.1)

変換 ~ 雲取山5

 ジャーン ここが東京都で一番高い所です。

変換 ~ 雲取山9

 こちらの方向に富士山が見えるはずですが

変換 ~ 雲取山6

 残念ながら霧で展望は望めませんでした。(枯れたアザミかな?)

変換 ~ 雲取山7

 下山しながら霧の原生林を写します。 

変換 ~ 雲取山

 森の深さを感じながら また同し道を帰りました。

変換 ~ 重連2

続きましてD51+C61の返りの汽車で、新潟から来た撮り鉄のおばさんと仲良く写しましが
やはり 汽笛だけで煙はナシでした。 (2011.9.23 津久田ー岩本)





雲取山に登る 1

 東京都の最高峰で100名山
日も短くなっているし 今の時期かなと思い日帰り登山にチャレンジしました。
三峰神社からの往復で、時間で約10時間 歩行距離は約20キロで気合いと根性で
なんとか登頂してきました。 (2011.10.1)

変換 ~ 雲取山1

 まずは登山口の鳥居をくぐります。

変換 ~ 雲取山2

 霧に包まれた原生林の登山道をひたすら歩きます。

変換 ~ 雲取山3

  朝露の蜘蛛の巣もアートに見ます。

 変換 ~ 雲取山4

 温暖化で鹿が増え 巨木を守る為に網が巻いてあります。

変換 ~ 雲取山8
 
  倒木の下をくぐると もう少しで頂上です。 続きは後日に・・・

 変換 ~ 重連1

 鉄道も少々 D51+C61の汽車の重連で3日間続けて走った初日に写しました。
    (2011.9.23 津久田ー岩本)
 

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR