最初で最後の肥薩線

 今年も 後一日を残すのみとなりました。
つたない写真ばかりでしたけど御覧いただきありがとうごさいました。
もし もう一度 蒸気に逢いたいと聞かれたら 小生は九州肥薩線(大畑ー真幸)
と答えます。それほど スイッチバック ループと この山岳路線は印象に残りました。
 来年も 好きなように のんびりとブログして行きたいと思います。
今年 最後なので、さよなら列車でお別れします。 (1972.4.4)
 それでは 良いお年をお迎えください。

変換 ~ 大畑3

スポンサーサイト

釧路湿原を行くC58

 初めて訪れた北海道旅行で、雄大な大きさを特に感じたのは道東の釧路湿原でした。                       当時は まだ観光地では なかったような気がします。ここは やはりC58が似合っていると思いますが              C11の走る光景も見たいな... (1972. 8. 2)

変換 ~ ところ1
 
 C58の混合列車が 手前に近づいて来ました

変換 ~ ところ2

春の甲斐駒ケ岳

 本日も寒かったですネ 正月準備で庭の植木の手入れです
もちろん 虎刈りとなりました。裏の梅ノ木を切るとなると来年までかかります。
さて 桃の花が咲く頃 新府ー穴山から眺める甲斐駒ケ岳は 日本一の駒ケ岳と
思います。 北沢峠から一度登りましたけど花崗岩の頂上で雪のように白く 北岳 仙丈岳
も 素晴らしく見えました。( 2010.4.10)

変換 ~ IMG_6804



 

室蘭駅のある日

 またまた 室蘭に帰りました。列車が出発する前に 入れ替えで9600が
働いていて しばし 高みで見物して写真を撮っていました。当時は日本も元気な時代で                         母恋、御崎駅も、通勤で人があふれ 鉄の街は活気で繁栄していました。(1974.3月)

変換 ~ Image1



深名線の9600

 関東は 桜の季節なのにまだ雪が3メートル位あったかな
さすが北海道の豪雪地帯でしたね T君雪穴に落ちて皆で助けた
記憶があります。(1973.3.29 沼牛)

変換 ~ 深名線1

真岡鉄道の重連

 各地でクリスマストレインが走るみたいですけど、小生は、家で自家製のケーキ
でも食べながら 図書館で借りてきた宇宙戦艦ヤマトのビデオでも見ます。
でも この時期 斜光線が美しくわりと絵になりますよね。(2010、1、17)

変換 ~ IMG_6300

白鳥とご対面

 北アルプスと白鳥の撮影に出掛けました。
朝方 少々 白馬 五竜 鹿島槍 蓮華 針ノ木岳が見えましたが
暫くしてから雲の中に隠れてしまったのです、そんな訳で 白鳥と優雅に
遊んで来ました。飛び立つ時 着水の時は中々感動します。
変換 ~ IMG_8779

 夕方 次々と帰って来ました

変換 ~ IMG_8898

 なんだか揉めてるようでした

変換 ~ IMG_8987

仁山からのD51(函館本線)

仁山からの俯瞰です。広大な北海道だから写せた写真ですね、
あの凍る寒さも今となっては 冬山に登るときに経験しますが
帰る事の出来ない時代だなと思うこの頃です。(1973.3.30)

変換 ~ 仁山1

C57交換

 雨で夕方で しかも手持ちなのでしっかりブレています。(泣)                                        当時は、駅でSLの交換風景が日常的に観られました。田野駅前の公衆電話が
故障していて家に無料で電話をかけたような? 携帯の無い時代 九州は遠かったな...
     (1972.3.30 日豊本線 田野駅)

変換 ~ 田野2

客車内のスナップ

 汽車が引く客車内の ぬくもり 汽笛 ドラフト 煙
撮影の合間に当時は SLで移動して ご当地の人や生活を見聞して旅を楽しんでいました。
 夜汽車は、哀愁があり 特に良かった。(1973.4月 函館本線)
    変換 ~ 蘭島1

三角線のC11

 九州三角線でSL撮影に一回だけ行きました。6x6で写した
次のカットの為タイミングがずれましたが 御勘弁を... 発表した他の作品も
こんなようで、いくつかズレがあります。晴れていれば雲仙岳が見えますが残念でした。
みかん畑が撮影場所なので取り残しのみかんを 少々拝借してビタミンCを補給して元気が付きました。
                  (1974.2.20 赤瀬)
変換 ~ 赤瀬




 
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR