FC2ブログ

D60機関車(筑豊本線)

 こんにちは
プリントした現役蒸機写真も残り僅かになり、今回はD60機関車を選びました。
D50機関車を改造し5年間で78両製造したわりには、あまり話題にならない機関車だと思います。
小生達が九州を訪ねた時は、すでにD50機関車は運行されてなくD60が頑張っていました。
(1972.3月 筑前内野)

変換 ~ 追憶の汽車2_0012

当時の夜行列車を使う撮り鉄は疲れがたまり、撮影の合間は峠のレンゲ畑でウトウトと昼寝です。
夕方、筑豊本線の難所(冷水峠)に挑むD60機関車は頼もしく見えたのを記憶しています。
スポンサーサイト



終着駅(美幸線)

 こんにちは
昨年の5月20日は宮之浦岳に登る予定をして屋久島に出かけた日でした。
しかし、記録的な豪雨のために予定を変更しモッチョム岳登山と森林軌道を歩き縄文杉を見て帰って来ました。
山は逃げなくても、体力と気力の衰えを感じるこの頃は残る難関な山に不安を抱くのです。
さて写真は、日本一の赤字路線で話題になった美幸線の終着駅の仁宇布です。(1977.2月)

変換 ~ 追憶のキhh

美幸線は1985年に廃線になり、今は一部の線路がトロッコ王国美深で使われています。

出発(室蘭本線)

 こんばんは
月日は早く最後の煙分補給日から約2カ月が過ぎました。
やはり自宅での給水補給は汽車撮影を終えてから呑むのが一番おいしいですね。
(1974.3月)

変換 ~ 追憶の汽車2_0013

爆煙のⅮ51機関車の写真は記憶の中では登別駅だと思います。
今宵は、大らかな時代の汽車の写真集を見ながら給水補給します。

17.7キロ(天北線)

 こんばんは
今は廃線の天北線は2度乗る機会がありました。
一度目は、夏の北海道へ鉄旅に行き日本一長い駅区間で96機関車を写した時です。
二度目は、現役蒸機の終焉後、極寒の2月に出かけコッペルさんと乗り鉄をしました。
(1972.8月 小石―曲淵)

変換 ~ 追憶の汽車2_0015

宗谷本線の南稚内でC55機関車の撮影後は天北線に乗ります。
下車した駅は、小石か曲淵駅かは記憶に残っていませんが
当初の予定は17.7キロ区間の中間地点まで歩いて行く意気込みでした。
しかし、眩しい日差しと暑さに挫折し適当な撮影地を見つけ程々に撮りました。

白い海風(函館本線)

 こんばんは
機関車の写真は、再び北海道に戻ります。
撮影地は、海に近い蘭島駅周辺の丘に登り雪景色の汽車を撮ります。
(1973.3.26 蘭島ー余市)

変換 ~ 追憶の汽車2_0005

当時の海岸風景は塩谷が紹介されました。
あまり知られてない撮影地を求めた小生達は隣の蘭島駅で下車し先ずは記念撮影。
その後、雪の丘に登ると色丹半島や美しい海岸線風景が眺められ超お得なロケ地の拾い物をしました。



プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR