FC2ブログ

屋久島を歩く(5)

 こんばんは
大株歩道入口から縄文杉へ行く登山道は整備されています。
ある、写真集の文書を読むと
人は一生のうちに、二度ほど樹の声を聞くチャンスがあるそうです。
屋久島の森を歩くとそんな気がます。

変換 ~ IMG_2119

トロッコ道が終わり、写真の階段から山道になります。

変換 ~ IMG_2123

変換 ~ IMG_2126

変換 ~ IMG_2130

変換 ~ IMG_2131

登山口から、約30分歩くと大人が20人位は入れそうなうなウィルソン株があり中に入ってみます。

変換 ~ IMG_2133

変換 ~ IMG_2140

変換 ~ IMG_2152

変換 ~ IMG_2143

変換 ~ IMG_2155

変換 ~ IMG_2148

変換 ~ IMG_2237

変換 ~ IMG_2232

切り株の中から空を見上げると話題のハート型に見えるところもありました。
根回り32メートルのウィルソン株は京都、方広寺建立のために1586年に倒されたそうです。

変換 ~ IMG_2173

成長するのに時のかかるヒメシャラの樹。

変換 ~ IMG_2164

大王杉。

変換 ~ IMG_2158

白谷雲水峡から約6時間歩くと、小生の念願であった縄文杉と対面です。

変換 ~ IMG_2192

変換 ~ IMG_2193

変換 ~ IMG_2207

変換 ~ IMG_2190

周りは樹のテラスで整備されています。
樹齢約7200年と云われる縄文杉に逢い話すと、今の人類を警鐘しているように聞こえました

変換 ~ IMG_2195

変換 ~ IMG_2219

夫婦杉。

変換 ~ IMG_2032

変換 ~ IMG_2255

七本杉。

変換 ~ IMG_2260

変換 ~ IMG_2265

縄文杉を後にして、ふたたびトロッコ道を歩き
楠川分かれから辻峠を越え白谷雲水峡を下ります。
小杉谷集落跡と森林鉄道のレポートが出来なくて心残りですが...良く歩けました。
民宿に帰りスマホの歩数計をみたら38.545歩と23.004m歩いてました。
スポンサーサイト

屋久島を歩く(4)

 こんばんは
縄文杉と逢うのは町道荒川線の道が崩れ白谷雲水峡から辻峠を越えるルートになりました。
当日の歩行時間は、約11時間となり入山手続きを済ませ朝5時に出発します。

変換 ~ IMG_2008

変換 ~ IMG_2025

苔の森とくぐり杉

変換 ~ IMG_2016

変換 ~ IMG_2037

変換 ~ IMG_2055

辻峠の登山道を50分下り、安房森林鉄道は楠川分かれで合流します。
深い谷と森にようやく朝日が射してきました。

変換 ~ IMG_2048

変換 ~ IMG_2056

変換 ~ IMG_2070

変換 ~ IMG_2074

変換 ~ IMG_2066

変換 ~ IMG_2086

現在の森林鉄道はトイレのメンテナンス用として活動しているそうです。

変換 ~ IMG_2090

変換 ~ IMG_2094

変換 ~ IMG_2059

変換 ~ IMG_2097

トロッコ道のそばに三代杉、仁王杉を見ることが出来ます。

変換 ~ IMG_2104

変換 ~ IMG_2105

変換 ~ IMG_2113

むかし、トロッコ列車が木材運搬などの交換で使用された線路の形跡もありました。

変換 ~ IMG_2109

変換 ~ IMG_2121

変換 ~ IMG_2120

森林鉄道の軌道はトイレのある大株歩道入口で終わり、
ここから縄文杉に行く本格的な登山道が始まります。

屋久島を歩く(3)

 こんばんは
モッチョム岳の下山後は、午後の千尋の滝と大川の滝を見物し
また、観光案内所に行き山道の情報収集をします。
縄文杉は白谷雲水峡からのルートですと行くことが可能となり翌日に登りました。

変換 ~ IMG_1935

変換 ~ IMG_1953

変換 ~ IMG_1946

変換 ~ IMG_1956

変換 ~ IMG_1964

大川の滝は整備され石と岩の上を歩くと滝つぼの近くまで容易に行けます。

変換 ~ IMG_1985

変換 ~ IMG_1978

海岸線からの夕日です。
一ヶ月35日、雨の降ると言われる屋久島は、海岸線から直ぐに山と森で形成されています。
この奥深い豊かな自然が保水力になり屋久島の人々の守護神なのかな思いました。

変換 ~ IMG_1986

変換 ~ IMG_2004

変換 ~ IMG_1988

夕食はスマホで調べて民宿に近い(居酒屋とし)に食べ行きます。

変換 ~ IMG_1987

変換 ~ IMG_1992

変換 ~ IMG_2002

鯖の刺身と飛魚と鯛の唐揚げ、そして、おしまいの食事はお茶漬けです。味は、どれも「まいうー」でした。

変換 ~ IMG_2001

ほろ酔い気分で見る宮之浦川の素朴な夜景の橋に癒されて、今宵は早寝します。


屋久島を歩く(2)

変換 ~ IMG_1940

 こんばんは
いきなりのトンガリ山は山麓から見上げたモッチョム岳です。
前日、情報収集した観光案内所によると宮之浦岳に登る淀川線と縄文杉の荒川線の道路は崩れ
通行止めになりました。
山登りは予定を変更し千尋滝の駐車場からこのトンガリ山を目指す事にします。

変換 ~ IMG_1839

変換 ~ IMG_1843

変換 ~ IMG_1847

変換 ~ IMG_1846

登山口から花崗岩の石と樹の根っ子の歩きにくい急登が続きます。

変換 ~ IMG_1866

変換 ~ IMG_1870

登山道にある樹齢3000年の万代杉は圧倒的な存在感です。

変換 ~ IMG_1913

登り始めて約2時間30分、神山展望台から目指すモッチョム岳が見えてきました。
背景のブルーは屋久島の海です。

変換 ~ IMG_1883

変換 ~ IMG_1886

変換 ~ IMG_1888

変換 ~ IMG_1897

変換 ~ IMG_1896

変換 ~ IMG_1898

山頂から眺める割石岳と海岸線の素晴らしい展望に感激します。

変換 ~ IMG_1893

遠くに種子島も見えます。

変換 ~ IMG_1911

変換 ~ IMG_1879

変換 ~ IMG_1918

変換 ~ IMG_1924

変換 ~ IMG_1876

山からの風景を満喫した後は、登りと同じく下りも美味しい天然水を味わいながら下山です。

屋久島を歩く(1)

変換 ~ IMG_2185

変換 ~ IMG_2041

変換 ~ IMG_1807

 こんばんは
写真は縄文杉、安房森林鉄道、千尋滝で、今回から記録的な大雨の後に出かけた屋久島の旅の話です。

変換 ~ IMG_1762

目的は、宮之浦岳の登山でして
もしもの事を考え九州と屋久島の山の地図を持ち、羽田空港から鹿児島へとフライトします。

変換 ~ IMG_1774

富士山と宝永火口

変換 ~ IMG_1777

変換 ~ IMG_1789

左から南アルプスの荒川三山、塩見岳、間ノ岳、北岳の後ろに仙丈岳の山が飛行機から見事に見えました。

変換 ~ IMG_1796

変換 ~ IMG_1799

定刻に鹿児島空港に着陸し空港からバスに乗り変え鹿児島港に行きます。

変換 ~ IMG_1800

変換 ~ IMG_1802

船は前日まで欠航し港はキャンセル待ちのお客さんが大勢いました。

変換 ~ IMG_1812

予想に反して行程はスムーズに進み予定時刻の13:50分に宮之浦港に到着です。
その後は、予約したレンタカーに乗り観光案内所へ行き屋久島の状況を聞いてから旅の見直しをします。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR