只見線撮影紀(50)

 こんばんは
50回を区切りにして只見線撮影紀を終わります。
おしまいは、こだわりの只見の色にしました。

変換 ~ 2017_05_21_5283

変換 ~ 2017_05_21_5675

変換 ~ IMG_7976

変換 ~ IMG_8252
スポンサーサイト

只見線撮影紀(49)

 おはようございます。
休日になると目覚めが良くなる小生は、三連休なると更に早起きです。
さて、ローカル線は絵になる踏切を見つけることもあります。
越後路の只見線の撮りおさめは、この踏切に決めました。

変換 ~ IMG_8265

変換 ~ IMG_8271

変換 ~ IMG_8264

変換 ~ IMG_8275

気動車が去った後の越後三山は、夕方の光に変わってきました。

只見線紀行(48)

 こんばんは
連日の猛暑日が続くと「涼」を求めて只見線に乗りたくなりますね。
さて、汽車で無くても鉄チャンになりきった小生は、そこそこ場所を見つけては気動車の撮影です。

変換 ~ IMG_8248

背景の守門岳は、わずか1538mの山ですけど日本一の雪庇ができる山なのです。

変換 ~ IMG_8254

変換 ~ IMG_8261

美味しいお米の産地は田んぼの風景を見るだけで納得します。

只見線撮影紀(47)

 こんばんは
越後路の只見線は追っかけしなくても間に合い数回撮影しました。
現役蒸機の「さよなら運転」に出かけていて、沿線を訪ねると懐かしくなります。

変換 ~ IMG_8224
     
変換 ~ IMG_8234

風格のあるコンクリートのアーチ橋は昨年の鉄道雑誌で紹介され(大白川ー柿ノ木)
柿ノ木駅は2015年3月13日を最後に廃止されました。

只見線撮影紀(46)

 こんばんは
昨日は、上越線の夜汽車に出かけ復路は月見の汽車撮影をして帰宅です。
さて、大志集落の撮影後は、金山町大塩の美味な天然の炭酸水を飲み
六十里越トンネルを抜け越後路の只見線となります。

変換 ~ IMG_8194

只見から田子倉ダム湖の道を登ると廃止になった
田子倉駅と浅草岳を眺める区間が一部あります。

変換 ~ IMG_8197

変換 ~ IMG_8199

深い谷は5月末でも雪が大量に残ります。

変換 ~ 2017_05_20_4913

変換 ~ IMG_8203

浅草岳と廃止された田子倉駅。

変換 ~ IMG_8208

スノーシェッドの上から落ちる大量の雪解け水。

変換 ~ IMG_8220

只見から長いトンネルを抜けた気動車はブナの原生林を走り大白川駅に向かいます。


プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR