FC2ブログ

SLもおか撮影紀(44)

 こんにちは
写真は前回の続きでして八木岡築堤の畦道で汽車を待ちました。
太陽画面を入れた構図はレンズの性質と絞りにより太陽光芒の写りが違ってきます。
今は、便利な時代でカメラの液晶モニターを確認してから撮る事にしてます。
〈2020.1.4 真岡鉄道)

変換 ~ 0G1A9259

変換 ~ 0G1A9267

変換 ~ IMG_5050

変換 ~ IMG_5059

手持ち撮影のカメラは日章旗と分かりますが露出に失敗し中途半端な構図になってしまいました。

SLもおか撮影紀(43)

 こんばんは
先週は北海道に出かけ現役蒸機から47年振りに釧網本線の撮影に行きました。
汽車はC58からC11機関車に代わりましけど記憶の風景と変わらず充実する三日間でした。 
旅のお話は、後ほどさせて頂きます。
さて、今年の初撮りは列車に乗り真岡鉄道の寺内駅で下車して八木岡まで歩きます。
(2020.1.4)

変換 ~ 0G1A9245

今回のお気に入りの一枚は機関車の前に筑波山が写っていまいた。
日章旗は気に留めず、この時期ならではのシルエット撮りです。

変換 ~ IMG_4946

先ずは、汽車の撮影時間に合わせ高崎駅から両毛線、水戸線と乗り継いで下館駅へ着きます。

変換 ~ IMG_4958

変換 ~ IMG_4980

変換 ~ IMG_4982

列車内からすれ違う機関車と対面です。

変換 ~ IMG_4989

変換 ~ IMG_4991

列車内から見ていると撮れ鉄さん達が撮影準備をしてました。

変換 ~ IMG_4997

変換 ~ IMG_5001

寺内駅からてくてく八木岡まで歩くと、すでに大勢の撮れ鉄さん集まっていました。

小さな旅

 こんばんは
山に囲まれた地に住むと海岸線を走る列車に憧れがあります。
昨年の夏は、信越本線の米山、笠島、青海川、鯨波に行ってみました。
東海道本線の根府川と早川の海岸線も見たくて
「伊豆の踊り子号」の撮り鉄を兼ねて熱海ラインの普通列車に乗り出かけました。

変換 ~ 0G1A9073

変換 ~ 0G1A9044

変換 ~ 0G1A9050

変換 ~ 0G1A9065

変換 ~ 0G1A9058

初めて根府川駅で下車、日本一の動脈路線は、流石に次々と列車が来ます。

変換 ~ 0G1A9075

変換 ~ 0G1A9035

変換 ~ 0G1A9037

根府川駅からの眺める海は絶景です。

変換 ~ 0G1A9096

その後はお立ち台へ、お目当ての踊り子号が根府川橋梁を渡ります。

変換 ~ 0G1A9139

新幹線も次々と走って来ます。。

変換 ~ 0G1A9114

変換 ~ 0G1A9127

変換 ~ 0G1A9122

せっかくなので、根府川のお立ち台からぐるり散策すると皇帝ダリヤの花やトビ?などが見られました。

変換 ~ 0G1A9288

変換 ~ 0G1A9281

キラキラ光る海の先には伊豆大島と真鶴岬。

変換 ~ 0G1A9144

散策と撮り鉄後は早川駅へ移動してお昼にします。

変換 ~ 0G1A9156

変換 ~ 0G1A9152

変換 ~ 0G1A9149

早川漁港のまぐろ丼はお手頃価格でした。

変換 ~ 0G1A9021

小田原駅で撮った「185系踊り子号」の郷愁は後わずかなのでしょうか。

ばんえつ撮影紀(138) 

 こんにちは
2014年2月に降った大雪のときは朝から一日中雪かきをしていました。
今回は、雪から雨になり大分解けてくれて助かります。
さて、会津若松に宿泊した翌日は、急ぐ必要も無く一ノ戸橋梁で撮りました。
(2019.11.10 磐越西線)

変換 ~ 0G1A8355

変換 ~ 0G1A8399

変換 ~ 0G1A8396

変換 ~ 0G1A8364

ロケハンや気動車を撮る時は天気が良くても汽車が来る時間は怪しい雲が現れて来ます。
結局、山から下りて来て手頃にプチ俯瞰出来るお立ち台で汽車を待ちました。

変換 ~ IMG_4507

変換 ~ 2019_11_10_9999_11

変換 ~ 0G1A8383

普段の行いが悪いのか、予想通りに汽車の通過する時間は陰ります。
宿題で残した山は、今年の春に登る予定でいますが、又、陰るのかなです。

ばんえつ撮影紀(137) 

 こんばんは
撮影は喜多方駅から先の電化区に行かず、
お昼にラーメンを食べ濁川公園の駐車場で一休みをして復路の撮影地を検討します。
この辺の地域は撮りつくして、今回は濁川築堤の反対側から初めて撮ってみました。
(2019.11.9 磐越西線)

変換 ~ 0G1A8339

薄暮の光が射す道は、踏切を挟んで両側に数十人の撮り鉄さんがいました。

変換 ~ IMG_4489

後ろを振り返りカメラを撮り続けていると、
野焼と慶徳峠に登る汽車の煙が小生好みの風景になりミレーの絵画ぽく撮れました。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR