夏の扉 (その2)

 こんばんは
八木原の築堤は小麦を入れて撮影できます。
絵としては収穫前の大麦の方がより鮮やかに写せます。
 (2017.6.10 上越線)

変換 ~ 2017_06_10_5804

昨年、ここは大麦を植えていたと思います。

変換 ~ 2017_06_10_5811

その後は、下牧で汽車を待つことにします。

変換 ~ 2017_06_10_5816

115系の通過直後、汽車がきました。

変換 ~ 2017_06_10_5825

変換 ~ 2017_06_10_5842

すれ違いで撮れるのが理想だけど都合よくいきませんね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Oさま 地元で汽車の撮影できる利点は季節毎に追い駆ける事が出来ることですね。夕陽のギラリは堪能できますが、朝陽は中々・・・ その時間は走っていないもんなぁ

No title

コッペルさん マンネリと分かっても結局は、同じ撮影地に通っています。
今も夏は、学生の鉄チャンが遠征にきてますよ。
プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR