fc2ブログ

ばんえつ撮影紀(176)

 こんばんは
川吉の紅葉撮影後は喜多方に行き濁川橋梁を渡る夕日でギラリと輝く機関車のシーンを狙います。
(2021.11.7 磐越西線)

変換 ~ 0G1A7443

気動車の後ろの山は飯豊連峰でして、濁川橋梁は今年の災害で一部が崩壊しました。
この辺りの橋が流され磐越西線の復旧を心から願っています。

変換 ~ IMG_6300

機関車の来る前のテスト撮りではギラリと気動車が見事に輝きました。

変換 ~ 0G1A7458

変換 ~ 0G1A7470

変換 ~ 0G1A7482

機関車の通過時間の時は少し夕日が弱まりましたが、まあまあの輝きだと思います。
天気に恵まれた二日間は、前日の一ノ戸川橋梁に続いて良きギラりが見られました。
スポンサーサイト



ばんえつ撮影紀(175)

 こんにちは
秋らしい景色の川吉では紅葉とススキを活かした構図で撮り、望遠と広角レンズの2台カメラをセットします。
(2021.11.7 磐越西線)

変換 ~ 0G1A7426

変換 ~ 0G1A7435

変換 ~ 0G1A7437

変換 ~ 0G1A7439

走るC57機関車にススキが揺れてるシーンにうっとりしながらシャッターを押し続けます。

ばんえつ撮影紀(174)

 こんばんは
ばんえつ物語の撮影は裏磐梯山の銅沼から移動して来て川吉の紅葉を撮りました。
(2021.11.7 磐越西線)

変換 ~ IMG_6271

変換 ~ IMG_6285

変換 ~ IMG_6286

人気のお立ち台は、既に満席で埋まり別の場所に行くと
紅葉と線路脇のススキが気に入り三名の方と席を譲り合い撮影します。

ばんえつ撮影紀(173)

 こんにちは
翌日のばんえつ物語の撮影は、先ずは裏磐梯山の銅沼に行きたくて午後からの撮り鉄です。
(2021.11.7 裏磐梯の銅沼)

変換 ~ IMG_6179

磐梯山ゴールドラインからの写す磐梯山

変換 ~ IMG_6186

登山道から眺める桧原湖と吾妻連峰

変換 ~ IMG_6197

変換 ~ IMG_6200

山は、すでに冬支度

変換 ~ IMG_6218

変換 ~ IMG_6226

変換 ~ IMG_6228

晩秋の水位の下がった銅沼は地表に水がある頃の火星みたいな景観です。

変換 ~ IMG_6242

変換 ~ IMG_6244

変換 ~ IMG_6246

裏磐梯山は、まだ煙が上り大地の鼓動が伝わってきます。

変換 ~ 0G1A7415

銅沼の撮影後は急いで下山し午後から峠に登って来るC57機関車と対面します。

ばんえつ撮影紀(172)

 こんばんは
皆既月食と天王星食の天体ショーは、カメラと望遠鏡を覗き続け約3時間半ほど楽しみました。
裸眼で見えなくてもデジカメですと天王星食を写すことが出来て初めて見た天王星は特に感激しました。
次は322年後の2344年に皆既月食と土星食が見られそうです。
さて、一ノ戸川橋梁を渡る夕陽のドラマチックなC57機関車の撮影はカメラを4台セットして待ちます。(2021.11.6 磐越西線)

変換 ~ 0G1A7364

変換 ~ 0G1A7373

変換 ~ 0G1A7396

空を大きく入れた構図

変換 ~ 2021_11_06_9999_17

変換 ~ 2021_11_06_9999_49

反対側からの構図

変換 ~ IMG_6154

ギラリの輝きをトリミングしてみました。

変換 ~ 0G1A1952

一昨年前の時は煙が棚引き機関車の印象が大きく違って見えます。
こんなシーンが撮りたくて、忘れられなくてばんえつ物語に通い続けるのでしょうね。


プロフィール

岳人さん

Author:岳人さん
気になると
地図と時刻表を見て出かける
おじさんの
山と旅と鉄道の報告です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR